LOTUS STUDIO BLOG
これから何が起こるか。我々は何をすればよいのか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月29日からフィリピンのセブ島に来ています。4週間の予定で、英語学校に入学しました。
ちょうど2週目が終わったところです。
インターネット環境が悪くて、日本語を打てるマシンが学校にあまりなく、他の人が使っていたりするとアウト。
自分が持っていったラップトップはどうしてもつながらない。


いまフィリピンには韓国資本の英語学校が5~6校あって、セブにあるここ○○もその一つです。
セブ自体はリゾートアイランドなのですが、そのイメージで来ると大間違い。騙されたぁ~。
どうひどいかを書くと、学校関係者に悪いので書かないことにします。


学生の8割は韓国人、1割5分が日本人といったところでしょうか?
韓国人の99%はヤング。
英語をものにして就職に活かそうという人が多いようです。およそ半数の人が2ヶ月くらいをフィリピンで過ごし、その後、オーストラリアに渡ってワーキングビザで1~2年くらい過ごすというパターンのようです。
これが、韓国人ヤングの一つのモデルになっているんですね。
フィリピンのテレビを見ますと、韓国系企業のコマーシャルも多く、スーパーマーケットに行けば、ハングル文字の食品がいっぱいあります。だいぶ経済進出が進んでいるんでしょうね。


日本人の半分はヤング女性、半分はおじさん、おばさんです。リタイア組も多い。
若い男の子は数えるほどしかいません。
韓国人と、日本人の客層がぜんぜん違うんです。
日本人のヤングは、一つにはニュージーランドやオーストラリア、アメリカ、カナダなどに留学するということもあるのでしょうが、何か、韓国人とは意識が根本的に違う感じがします。
韓国の方が、より国際化が進んでいる。


日本は「島国」根性丸出しで、それはやっぱり日本のテレビメディアの影響がすっごく大きいと思うんです。
ニュースは、国内の話題がほとんどで、たまに韓国、北朝鮮、中国の話題が出るくらい。
しかも国内のニュースは、大本営発表を垂れ流すだけ。
記者クラブ制度なかで発信している記者なんてジャーナリストじゃないですよね。
前々から日本のテレビのインタビュアーが「今のお気持ちをひとことで」なんて言うのを聞いて、バカなこと言ってるなぁって思っていたんですけど、外に出ると、その異常さがよく解りますね。
しかしここフィリピンでは、ニュースは地元TVもあるが、CNNが主流です。


韓国だけでなく、中国も国際化はすさまじく、中東、アフリカにどんどん出て言っている。
これらの国々の子弟を、中国に留学させているんです。
(今後も人類が生きていければの話ですが)これから200年間、中国が超大国として君臨していくことは間違いありません。なにしろ人口が違いますもの。
日本には、なんにも戦略を感じないんですよね。
何か、過去の栄光でやっと延命しているって感じがする。
これからますます沈んでいくんでしょう。
関連記事
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

imanari munekazu

Author:imanari munekazu
このコーナーでは、時事の話題に触れながら、意見、雑感等を不定期に発信してまいります。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。