LOTUS STUDIO BLOG
これから何が起こるか。我々は何をすればよいのか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福島原発事故の初動失敗の実態が、徐々にメディアに露出するようになってきた。それによれば、政府はかなり早い段階で、メルトダウンの可能性を把握していたということだ。
というのは、放射線の種類と量を常にモニタリングしている中で、圧力容器が破れた場合にしか検出されない放射線が、すでに検出されていたからだ。


このデータは、日本国民には知らされなかったが、IAEAには報告されていたのだという。ということは、アメリカ政府および軍は非常に早い段階から、今日の危険度を可能性として承知していたことになる。なるほど、これで、原発事故直後のアメリカ議会や軍の素早い動きも納得できる。


しかし、お粗末すぎるのは、日本政府と東京電力のその後の対応だ。
枝野さんは「ただちに人体に影響が出るというものではないが、住民に避難していただくのは、あくまで万が一のことを想定して」と言っていたが、じゃあ、一体あれは何だったのか?


東京電力が嘘をつかなければならなかった理由はどこにあったのか?
日本政府が、情報を秘匿した背景にはいったい何があったのか?
まだ、殆ど明らかにされていない。
相変わらずの小出し作戦である。


先日、知人と話をしていたとき、この人が「裁判をやらなきゃダメだ」と言ったのだ。
「なるほどね」と、僕は思った。
東電の役員と政府の首脳を、お白州に引き摺り出して、いったい何があったのか、すべてを明らかにさせなければならない。
ウヤムヤにさせちゃダメだ。


それと、現場の作業員さんがどんな人たちで、どのようにして集められ、どんな待遇を受けながら作業しているのかといったことも明らかになってきた。『週刊新潮』によれば、現在の処理業務はゼネコンが受注し、ゼネコンが手配師となって、日当1.5万円で人を送り込んでいるのだという。別途、危険手当というものもあるらしいが、まだそれは支払われていないということだ。


この現場の作業員と、東電社員、東電幹部、政府首脳、原子力非安全・不安院、学者先生たちとの、意識のギャップを感じざるを得ない。
我々がテレビで知る情報は、後者の人たちから出てくる情報なのだが、そんなの信用できるだろうか?
20日のニュースで「東電、今期1.2兆円の赤字」という報道がされたが、僕はこれも非常に怪しいと睨んでいる。会計処理のことはよくわからないが、今の段階でなんで廃炉の費用まで計上されているのか? まだ始まっていないのに‥‥


要するに、<債務超過ではないけど、大幅赤字だよ>という落とし所を設定して数字を出していると思うのだ。
それによって、配当をしなくていいとか、同情を買うとか、損害賠償額に手心を加えてもらうとか、きっとそんな意図があるに違いない。


僕は今度の事故報道を見ていて、記者クラブ制度ならびに大手メディアのしょうもなさをひしひしと感じた。
インターネットで情報をとっていた者には、福島原発の事故直後の状況は、大手メディアの情報よりもはるかによく解っていた。しかし問題は、インターネットの場合は探しにいかなくてはならないため、たどりつける人はわずかだということ。
僕の試算では、事故直後の政府発表の嘘を知っていた人は多くて2万人規模だと思う。うーん、そんなにいないかなぁ?
国民の大多数は、テレビのしょうもない情報を信じこまされていたのだ。
その意味で、日本はインターネット後進国だなぁと思わざるを得ない。


前々から疑問に思っていたんだけど、原発推進のロジックとして、
●二酸化炭素を出さないからクリーン
●発電コストが1キロワット当たり、5~6円と安い
ということになっていた。


「二酸化炭素を出さない」はいいけど、放射性物質と放射性廃棄物は出すわけで、今回「クリーン」どころが、超危険であったことが証明されてしまった。
一方のコストだけど、ここには廃棄処理コストと万が一の事故処理コストが入っていないわけでしょ。それに原子力発電所を造るのも壊すのも、石油エネルギーを使ってやるんだよね。福島原発の水蒸気爆発が、電源が落ちたためというのは、なんとも皮肉過ぎるよ。石油エネルギーがなくちゃ原子力発電所は動かせないんだ。
そうなると、「発電コストが安い」というのは、怪しいと言わざるを得ない。


不謹慎ととられるかもしれないが、今度の福島原発の事故で密かに喜んでいる人もいるんだ。
それは、あの地帯は今後「立ち入り禁止区域」にせざるをえないから、そうすると、これ幸いと、懸案だった核廃棄物処理場問題にけりがつくんだよ。
ゴミ捨て場がないまま、原発を見切り発車で推進し、廃棄物処理場問題はずっと先送り、先送りで来ていたのに、その問題が片付くんだ。


これも、いま政府が発言したらえらいことになるけど、どうせまた小出し作戦、諦め誘導作戦でやっていくから。最後はそうなるから、見ていてごらんなさい。
関連記事
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

imanari munekazu

Author:imanari munekazu
このコーナーでは、時事の話題に触れながら、意見、雑感等を不定期に発信してまいります。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。