LOTUS STUDIO BLOG
これから何が起こるか。我々は何をすればよいのか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は『GARI GARI CLUB』だった。
参加者4名。サビシー。
これもひとえに、人徳のなさである。キビシー。
果たして痛飲し、今日はまた通院になってしまったのだった。

さて、その『GARI GARI CLUB』で、SK氏から聞いた話。
東京電力では、今回のような事故は「あり得ない」としていたので、「あり得ない」ことの訓練は、東電、じゃなかった、当然していない、というのだ。
「なるほど!」と僕は唸った。

訓練をしていたら、「そういうことも起こりうる」ということを「認めた」ことになってしまう。だから、考えないし、想定訓練もしない。
早い話が、「思考停止」の訓練だけはしていたということなのだった。

えっ? そんなことあり?!
そりゃ筋道は通っているけどさ、ヒド過ぎないか?
もの凄い規模の人災が起こっているんだぜ。

続いて、農業、漁業、畜産業、それと周辺住民への補償は誰がするのだろうという話になった。道義的には当然、第一に東電、第二に国だろう。
ところがここでSK氏が、
「そのための金は、電力料金の値上げに転嫁されることになる」
と言明するのだ。

えっ? そんなことあり?!
筋道は全く通っていないし、ヒド過ぎないか?

すると今度はTK氏が、対企業の料金は値上げできないから、一般家庭の料金を値上げするだろう、というのである。そして、
「省電力のムードが、これを後押しすることになる」
というのである。
あり得るシナリオだし、この先の成り行きに注目したい。

それにしても、原発事故がなかなか収束へと向かわないのは、とても心配だ。
関連記事
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

imanari munekazu

Author:imanari munekazu
このコーナーでは、時事の話題に触れながら、意見、雑感等を不定期に発信してまいります。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。