LOTUS STUDIO BLOG
これから何が起こるか。我々は何をすればよいのか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が家のある多摩市の水道水が、金町浄水場から送られてくる水であることを本日知った。
なんとなく、奥多摩から来ているような感じがするじゃない? (無知でした)
うちは乳幼児はいないけど、今の状況では、汚染はもっとヒドくなるんでしょうね。


今の時代は、貧乏人は「安全」を買えない。
中国の金持ちは、日本の食品を食べ、日本人の(私のような)貧乏人は、中国産を食べている。
自由貿易が、そういう風にしちゃったんだ。
でも中国の金持ちは、この次何を食べるのかな? 日本の食品の安全神話はガタ落ちだ。


農家の人や、漁業関係者は、本当に可哀想だ。「補償」と言ったって、そんな金どこにあるの?


福島原発で、地震の直後に働いていた人のインタビューなどが放映され、しだいに事故後の状況が解って来た。
地震の直後、所内は真っ暗になり、放射線量も大幅に上昇したため、東電社員を除く下請けの人たちは避難するように言われたそうだ。
つまり所内で、早い段階からパニックが起きていた。


中部電力で原子力発電に関わっている人の話によると、非常用のディーゼル発電がダウンした場合は、原発はお手上げだそうだ。
テレビで、非常時の際の訓練風景というものを見たが、それは中央制御室での、非常用電源への切り替えと対応という訓練に過ぎなかった。
つまり、非常用電源がダウンし、中央制御室でのコントロールが効かないという今回のような事態までは想定していないようだ。


だからこそ、早い段階で、パニックに陥ったのではないだろうか。
問題は、その情報が、すぐに政府には伝わらなかったことだ。
なぜだろう。
発電所からは、当然、現状に関する情報が、本社に伝えられた筈だ。
今になって皆が「想定外」を強調する出来事なのだから、その「想定外」が起きてしまったことの判断を、当然、本社に仰いだ筈だ。
その経緯に関する話が、東電からは、まったく聞こえてこない。
もし、初期段階での対応が迅速に行われていたら、こんな状態にならずに済んだろうに。


中国政府は、「すぐに海水注入を行うと廃炉になってしまうので、それを避けようとしたのではないか」と言っている。
しかし私は、そういう考えすらもなかったのではないか、と見ている。
真相は「思考停止」と、大組織が抱える「情報の目詰まり」にあったのではないだろうか?
東電の記者会見を見ていると、トップをはじめ、出て来る人、出て来る人がみんな、何か「他人事」のように話しているのがすごく気になるのだ。


東京消防庁のレスキュー隊自衛隊など、覚悟をもって臨んでいる非常に訓練された人々と比べると、東電社員はあまりにも緊張感がないというか、訓練されていないというか、覚悟がない感じがしてならないのだ。


覚悟がない、といえば、自民党の対応にも、私は呆れたのだった。
今は国家の非常時だ。
それで、恥を忍んで、菅さんが自民党にヘルプを求めたのに、自民党は「きちんとした手順を踏んでいない」「大連立はできない」を理由に、その申し出を拒否したのだ。


ああ、このズレまくった感覚。
東芝クレイマー事件」では、東芝の対応に業を煮やした福岡に住むユーザーが、東京本社に直接クレームを言っちゃった。そうしたら、九州の東芝が「きちんとした手順を踏んでいない」と言って、このユーザーに罵詈雑言を浴びせ、これが録音されて問題となったのだ。一ユーザーにとって、東芝社内のヒエラルキーなんて、なんにも関係ないのに、東芝はその感覚が解らなかった。


今の自民党は、これと同じだ。
災害復興担当大臣をやってくれと言われ、「よし!」と言って、立派にやり遂げたら、国民はみな「ああ、やっぱり自民党でなくちゃダメだ」と思った筈だ。
その千載一遇のチャンスを、つまんない見栄っ張りで、ふっとばしてしまったのだ。
これでは、「きちんとした手順を踏んでいない」ことが理由なのではなく、「災害復興という責任を持ちたくない」のが理由にしか見えない。


非常時に必要なのは、義侠心だと思う。
東京消防庁のレスキュー隊自衛隊には、義侠心があった。
阪神淡路大震災のときは、山口組も活躍して男を上げたのに‥‥。
世界中が協力を惜しまないと言っているのに‥‥。
同朋の自民党は拒否。これが日本の政治か?!
ああ、情けない。
関連記事
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

imanari munekazu

Author:imanari munekazu
このコーナーでは、時事の話題に触れながら、意見、雑感等を不定期に発信してまいります。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。