LOTUS STUDIO BLOG
これから何が起こるか。我々は何をすればよいのか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
甦る親鸞:浅野信著

ロータス・ステュディオの「出版プロジェクト」第一弾、『甦る親鸞』を、2月25日に発売した。
この出版不況時に「なんで?」という疑問符が付くのは当然のこと。
でも、作りたかったんだもん。

この『甦る親鸞』、親鸞聖人第750回御遠忌に際しての企画なのだが、いっぷう変わった本となった。
著者の浅野信氏は、「アカシック・リーディング」の第一人者であるが、『甦る親鸞』は丸々一冊、「アカシック・リーディング」によって書かれた本なのである。
スピリチュアル系に詳しい方ならご存知だと思うが、「アカシック・リーディング」とは、霊界の書庫であるアカシック・レコードに瞑想状態でアクセスし、これを読み解く秘儀のことを言う。

『甦る親鸞』は、親鸞研究者の間でも謎とされてきたことや、<もし親鸞が現代に生きていたら>という視点から、現代の諸問題に関して、親鸞にアドバイスを求めるということもしている。
どこまで信じるか、どう評価を下すかは読者しだいだが、現代の奇書であることは間違いあるまい。
一般書店には配本されないので、ご興味のある方は、どうぞこちらでお買い求め下さい。送料は無料。

仕様
書名:甦る親鸞
著者:浅野 信
出版社:ロータス・ステュディオ
単行本(ソフトカバー):256ページ
発売日:2011/2/20
寸法:18,8×13.0×1.6 cm
ISBN978-4-9905705-0-7
価格:1,575円(税込み)

内容
第1章:親鸞さんは、どんな人だったのか?
第2章:親鸞さんの「教え」って、どんな教え?
第3章:親鸞さんの深い世界へ【なぜ「教行信証」は書かれたか?】
第4章:親鸞さんが、人生のすべての悩みに答えます【名づけて、親鸞さんの「弥陀の人生Q&A」】

詳しいご案内はこちら→
関連記事
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

imanari munekazu

Author:imanari munekazu
このコーナーでは、時事の話題に触れながら、意見、雑感等を不定期に発信してまいります。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。