LOTUS STUDIO BLOG
これから何が起こるか。我々は何をすればよいのか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サンデル先生の『白熱教室』ってのが大学生に人気だそうだ。
あたしゃ、呆れたね。
これって、昔流行った「究極の選択」ってやつだろう?
「うんこ味のカレーを喰うか、カレー味のうんこを喰うか」って。

「お金で買えるもの買えないもの」とか「動機が大切か結果が大切か」とか。
高尚なことを言ってるようだけど、やってることは、うんこカレーと変わらないよ。
そこで思考実験してるだけだ。

その内容が悪いとは言わない。それを考えることはいいことだし、大切なことだよ。
だけどオイラが驚くのは、そんなもの、最高学府で、しかもハーバードとか東大でやることなのか、ってことだよ。
こんなテーマは、飲み屋のオヤジとか、農家のオバちゃんに聞くことだって。
きっと、みんなそれぞれの人生哲学で、ちゃんと教えてくれるよ。
それで、Aさんはこう言った、Bさんはこう言った、Cさんはこうだった、って多様性を実地に学んで行くんじゃないか。

なにもハーバードの教授に聞かなくてもいいんだよ。
サンデル、読んでる?
(いや、オレは読んでない)m(_ _)m

それを、ハーバードや東大でやんなきゃならないってのが、もうすでに現代の病理だよね。
こんな授業を聴いたエリート連中が、世の中解ったような錯覚をして、やがてしかるべきポジションについて、庶民をミスリードしていくんだよな。
あーあ、未来は暗いよ。

戦後虚育のなれの果て。
いかに実体験と思考能力を奪って来たかってことです。
日本の教育ってさ、結局、兵隊さんを作る教育なんですよ。
仕組みややり方は戦前と同じで、戦後、頭だけ天皇否定、民主主義、資本主義に変えたの。

だからみんな同じ制服、みんな同じ体操着、みんな同じクレヨン、みんな同じリコーダを買わされる。
その名残りで(というか洗脳虚育の輝かしい成果により)、就活のときもみんな同じ、真っ黒なスーツ着ちゃう。
そうしなきゃいけないと思い込んで。それがルールだと思い込んで。
就職しても、みんな一緒にラジオ体操しちゃう。そうしなきゃいけないと思い込んで。

アメリカだと音楽授業は、オーケストラで、みんな違う楽器を演奏して、全体のハーモニーを学ぶわけでしょう。
日本は、全員リコーダとかピアニカ。
大人になってから続けられないような楽器を学ばせて、いったいどうすんだよ!って。

日本では役に立たないことを教えるのが教育。これは、小中高大学、一貫している。
文科省考案の、一貫したスバラシイ虚育システムだ。
教えたいのは「団体生活と横並び精神」だけ。

見てみぃ。不祥事が起きた際の企業の会見。役員が横にズラーっと並んで一斉に頭下げる。
みんな「一応頭下げときますが、責任は私にはありません。他の奴らです」って言ってる。
大本営と同じだよ。あれだけ一般庶民を見殺しにして、戦後、だーれも責任とらなかった。

私流の【会社】の定義:会社とは、責任を曖昧にする仕組みである。

団体生活と横並び精神教育。
でもそれは平等じゃなくて、実はもの凄い差別なんよ。
そこから落ちこぼれることは恐怖だし、すぐに落伍者のレッテルを貼られてしまう。
だから、子供は意に反しても頑張らなきゃいけないし、親もそうしなきゃいけないって思い込んじゃう。

だけど、時代は変わったんだよ。
もう、命令に従うだけの兵隊さんはいらないんだって。
これからは考えながら生きるっていうスキルが必要なんだよ。
それなのに、教育とか就活は、昔のまんまなんだ。

子供は敏感だから、「なんかヘン?」「大人たちの言ってることはおかしい」「ぼくはそんなこと一緒にやりたくないし、できない」って思っても、「そんなこと言ってたら落ちこぼれちゃうでしょ」って叱られる。
だから、そこにフィットできない子は、登校拒否になったり、閉じこもりになるしかないわけだ。

でも、学校なんて行かなくてもいいんだよ。
就職しなくたって、別にいいんだよ。
そういう「こうであらねばならない」とか「これが世の常識」といったスタンダードを作っている奴らは、それによって利益を得ているから、そういう価値観で洗脳してるだけなんだって。そうやって、解らないように搾取しているんだぜ。そこに気づかなきゃ。

だけどそうは言っても、親は不安だと思う。
なぜかっていうと、そういうレールから外れたときのオルタナティブが明確には用意されていないから。
今のところは、自分で、よく考えるしかないな。
関連記事
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

imanari munekazu

Author:imanari munekazu
このコーナーでは、時事の話題に触れながら、意見、雑感等を不定期に発信してまいります。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。