LOTUS STUDIO BLOG
これから何が起こるか。我々は何をすればよいのか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、政党のネーミングというものを考察してみたい。たぶん日本中で、こんなことをやってるのは私だけでしょうが‥‥。

先日、こんなことがあったのだ。得意先である某会社が新しいブランドを出すというので、最初のネーミング案を私が提出した。しかしそれはすぐに却下され(トホホ)、得意先が出してきた案に決まった(クライアント様には逆ラエマセン!)。でも、そのネーミングには危惧する部分があった。音で数えると、10音と長かったのである。

こういう場合は、呼びにくいので、自然と「略称」が出来上がるものなのである。ところがそのネーミングは、略称にしたときにあまりいいイメージの言葉をつくらなかった。だからその点で(いいのかなー)と内心思っていたのである。しばらくたってその会社へ行くと、なんと社内の人間が、私が危惧した略称を使って会話していたのである。(ああ、やっぱりネ)と思ったがもう遅い。

ネーミングは通常、意味や字面ばかり重視される傾向があるが、それよりも大事なのは、実は「音」の数なのである。このことを知っていただきたい。これが記憶と、伝播に重大な作用を及ぼすのだ。極端な話、意味などどうでもいい。あなたは『ポカリスエット』の意味が解りますか? (どういう意味だろう?)と考えたことがありますか? 解らなくても使っているでしょう。そんなものなのですよ。

それでは解説しましょう。抑揚で読ませていく英語とは違って、日本語には抑揚があまりない。ところが、日本人は、どうしても五・七に収まりのよさを感じてしまうのである。俳句や短歌で、刷り込まれていることもあるだろうし、日本語そのものが、五・七調となった時の心地よさを、言葉に内包しているのかも知れません。まとにかく、五・七が心地よい。だから、「音」で五か、七の数にネーミングを設計するのが鉄則なのだ。

ここで「音」の数というのは、母音の数と考えていただきたい。たとえば「ありがとう」は、a_ri_ga_to_uであるから5音となる。「ありがとう」と話してみると、そこに心地よいリズムを感じないだろうか? 基本はこのように数えるが、長音は臨機応変で、1音に数えたり数えなかったりする。たとえば「ありがとう」も、a_ri_ga_tohと読むと4音となる。これでも悪くはないのだが、a_ri_ga_to_uと5音で読ませるようにした方がよりしっくり感じるのが解るだろう。

また、「ん」は、通常1音で数えるが、前の語と連続して数えた方がしっくりくる場合は、そのようにする。たとえば「キャンキャン」はkya_n_kya_nでもよいが、kyan_kyanと2音で数えた方がより自然であろう。この辺りは臨機応変にする。

さて、音がしっくりくる数は、5と7が最右翼となるのであるが、では4以下、8以上はどうであろうか?
4・3・2音は、基本的にすべてOKである。1音というのはリズムがないから、ネーミングとしてはやめた方がいいだろう。字面で一語であっても、音では2とか3で読ませる言葉にするべきだ。たとえば、サに∧を被せて「ヤマサ」と読ませるなど。

一方8音以上はどうであろうか。8音以上になると、なんとなくしっくりこないので、人はそれを縮めた「略称」で呼ぶようになる。これは放っておいても自然とそうなってしまう。だから、ネーミングの設計に当たっては、8音以上となった場合は、「略称」をあらかじめ充分検討しておく。そして「略称」が、2・3・4・5音になるように何度も確かめてみる。
では6音はどうか。6音はしっくりこないので避けるべきだろう。

と、ここまでを前提として、各党のネーミングを見てみよう。

自民党 ji_mi_n_to_u 5音
民主党 mi_n_shu_to_u 5音
社民党 sha_mi_n_to_u 5音
この3つは、すんなり5音で読めるのでよい。

公明党 koh_me_i_to_u 5音
共産党 kyoh_sa_n_to_u 5音
この2つは、最初の音を長音として読ませると、5音となって耳障りがよくなる。だから意識してそう発音するとよい。

国民新党 ko_ku_min_si_n_to_u 7音  又はko_ku_min_sin_toh 5音
新党日本 si_n_to_u_ni_ppo_n 7音  又はsin_toh_ni_ppo_n 5音
この2つは、7音でも、5音でも読めるから、これもよい。
読ませるときは、国民新党の場合はsin、新党日本の場合は、ni_ppoにアクセント置くようにするとなおよい。

改革クラブ ka_i_ka_ku_ku_ra_bu 7音
これは7音にしか読めない。音の数としては良いが、カ行が4つもあり、早口言葉のような難しさがあるのが気がかりだ。逆に言えば面白いとも言えるが、改↑革↓クラ↑ブ↓と、上下の抑揚を意識するとよいだろう。

みんなの党 mi_n_na_no_toh 5音  又はmin_na_no_to_u 5音
読ませ方としては、このどちらかである。そうでないと、6音になってしまう。しかしあんまりいいネーミングではないなぁ。コンセプトが不明だから。みんなの党は選挙後の政界再編を語っているが、ネーミングメソッドからみても、いずれ消えてしまうネーミングだと思う。

幸福実現党 ko_u_hu_ku_ji_tu_ge_n_to_u 10音
これは、このままでは10音である。また字面を見ると漢字で5文字もあるので、略称が欲しくなるネーミングではある。その場合は、「幸実党」か、「幸福党」と呼ばれることになるだろう。どっちにしても、あんまりよいネーミングとは言えないね。
だから、
koh_hu_ku_ji_tu_gen_tohと、7音を意識してリズミックに読ませないと、難しい。

と、まあ今回は音の数だけをみてきたのですが、ネーミングメソッドには、まだ
終音の治め方
破裂音と濁音の活用法
男性型と女性型
などがある。

これらについては、また機会があればお教えしたいと思います。ではでは。
関連記事
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

imanari munekazu

Author:imanari munekazu
このコーナーでは、時事の話題に触れながら、意見、雑感等を不定期に発信してまいります。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。