LOTUS STUDIO BLOG
これから何が起こるか。我々は何をすればよいのか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近ハマっているテレビ番組がある。TOKYO MXで、毎週日曜日23時から放映してる1時間番組『松嶋×町山未公開映画を観るTV』だ。これは米在住の映画評論家、町山智浩氏がセレクトした日本未公開の海外ドキュメンタリー映画を、前編・後編と2回に分けて放送するもので、番組中で町山氏が解説、オセロの松嶋尚美さんが一般人代表として素人っぽい率直な意見を述べる、という構成になっている。
http://www.matsumachi.com/

これまでの放送歴は、
2009年4月5日&4月12日 「WAL-Mart」~世界一の巨大スーパーの闇~
2009年4月19日&4月26日 「THE YESMEN」
2009年5月3日&5月10日 「MAXED OUT」
2009年5月17日&5月24日 「JESUS CAMP」
の4本。

どれも、口あんぐりの衝撃作ばかりである。最初にこの番組を知ったのは、友人からの興奮した電話だったが、アメリカの流通事情など知るはずのないその友人が、世界ナンバーワン小売業「WAL-Mart」の裏側でこんなヒドイことが行われている、というのをかなり詳細に語り始めるのを聞いて、<一体これはなんだ?>と思ったら、そのネタ元が、『松嶋×町山未公開映画を観るTV』だったのである。

ということで、第1回目は見逃してしまったが、2回目以降は毎回録画して観ている。どれもみな興味深かったが、中でも自分が感心したのは「THE YESMEN」である。「THE YES MEN」とは、お笑いでテロを行う<お笑いテロリスト>グループの名称で、マイク・ボナーノとアンディ・ビックルバウムという2人が中心人物となっている、ようだ。

彼らがテロを行う標的は、ジョージ・ブッシュやWTO(世界貿易機関)であり、合衆国政府や世界貿易機関が推進するグローバル化を、<お笑い>によって、徹底的に揶揄するという活動をしている。彼らが行う手法は「ほめ殺し」。だからグループ名を「THE YESMEN」という、のだそうだ。

先ず、インターネット上に、ブッシュやWTOのニセWebサイトを作る。そして、そこを本物だと勘違いしてアクセスしてきたメディアや団体の、番組や講演会に堂々とニセ者のまま出演し、さも本物が語っているかのような論理的メッセージを、やや過剰に言うことで、本物の主義主張の危うさを、逆に気づかせるという方法である。

このドキュメンタリーを観たときに、<よくこんな手間の掛かることをやるな>という驚きとともに、これはもしかしたら、<爆弾テロよりも、もっとずっと強力なテロに成り得るかも>と、自分は思った。なぜなら、「爆弾テロ」は憎悪の連鎖しか生まないが、「お笑いテロ」は、今正しいと信じられている枠組みそのものの矛盾を気づかせ、破壊し、無力化してしまう可能性すらあるからだ。しかも、血は一滴も流れない。

たとえが適切ではないかもしれないが、北風と太陽に似たところがあるかも。とにかく<こういうやり方があったのか>と、自分はもの凄く感心したのだった。反体制活動を行うときに、今までは二つの方法しかなかった。一つは議会制民主主義の枠組みの中で異論を述べるという方法。もう一つは武力闘争である。しかし、<お笑いテロ>は、第3の道を確実に示しているように思う。

アメリカという国にびっくりするのは、市場経済は自由であるべきという凝り固まった思想と同じくらいに、表現活動も自由であらねばならない、という思想が徹底していることだ。だから、「THE YESMEN」のような活動も自由にまかり通っているし、イラク開戦時のブッシュ政権のデタラメぶりや、911テロが実はアメリカの軍産複合体の自作自演であったといった、衝撃のドキュメンタリーが、数多く制作されている。

ということで、これからも『松嶋×町山未公開映画を観るTV』には目が離せない。

※YouTubeにこれまでの番組のストリーミングがアップされているようだが、こういうのって、著作権侵害に当たらないのかな?


関連記事
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

imanari munekazu

Author:imanari munekazu
このコーナーでは、時事の話題に触れながら、意見、雑感等を不定期に発信してまいります。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。