LOTUS STUDIO BLOG
これから何が起こるか。我々は何をすればよいのか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お笑い芸人によって、「イジる」という言葉が一般化しました。がしかし、これは「芸」なのでしょうか?
落語にしろ漫才にしろ講談にしろ、今テレビで「芸」を見ることはほとんどできません。レベルが落ちたなぁ、と思います。これでは芸人ではなくて、下~人です。赤塚不二夫さんが生きておられたら、さぞや嘆かれたことでしょう。

昔は「芸」を競っていました。「芸」というのは、客も教養がないと面白くはない。どこが面白いのかさっぱり解らないものです。芸人と客の関係は、そのように切磋琢磨しながら育っていきました。

でも今じゃ「よってくだんの如し」と言ったところで、なんのことか全然解らない。落語のサゲがサゲにならない。サゲの妙に「なるほど、上手い!」って膝を叩けない。(「膝を叩く」ってのもたぶん死語かナ?)
それに比べれば「イジる」は誰にでもすぐに解るわけですね。

これにはテレビの事情が絡んでいます。安い制作費で視聴率を稼げる番組を作らないと、スポンサーが集まらない。そこで一山いくらで大勢を確保出来る吉本タレントを使い、安易に番組を作る。精妙な台本なんてものも工夫しなくていい。イジられ役をひとり設定して、周囲がよってたかってイジれば、それで番組ができちゃうんだから。

「イジる」というのは、「弄る」(つまりもてあぞぶ)から来た言葉だと思いますが、「イジめ」を連想させませんか? こういうことが堂々と「OK」なんだと子供たちに刷り込んだら、大変なことになると思うんです。イジられ役のタレントというのはそれがキャラクターであって、そうすることでお金を貰っている人です。でも子供はそうじゃない。

あ、そうそう。小松政夫さんは子供のころ教室で先生から叩かれると、「イテーな、イテーな、イテぇーなー」とギャグにして周囲を笑わせていたそうです。でもそんな技が瞬間的にできるのは、天性の素質があったからでしょう。イジられて「へへへ」と笑いとばせる子もいれば、そうでない子もいる筈です。(私も、パンツ脱がされたり、さんざんされたなぁ)

お笑い芸人の方も、そういう影響まで考えて欲しいと思うんですよ。
芸人なら、どうか「芸」を磨いてくださいまし。
関連記事
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

imanari munekazu

Author:imanari munekazu
このコーナーでは、時事の話題に触れながら、意見、雑感等を不定期に発信してまいります。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。