LOTUS STUDIO BLOG
これから何が起こるか。我々は何をすればよいのか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「老老介護」や「少子高齢化」といった現代問題を映すキーワード。私たちは、ある概念を伝えるためにそうした言葉を作り、会話や文章で流通させています。


しかし一方で、そのようにキーワードで一括りにしたために、その言葉を聞いただけで何か解ったような気になって、そこから多くのものがこぼれ落ちていることにはなかなか気づきにくいようです。


「老老介護」も、いま実際にその問題に直面している人と、そうでない人とでは、解釈にもの凄い温度差があるのではないでしょうか?


人は、自分自身の問題とならない限りなにかに注意を向けませんので、致し方ないことではあります。しかし「少子高齢化」という人口の逆ピラミッド化が急速に進行していることは疑いようもなく、「老老介護」問題はいずれ誰しもが直面しなければならない差し迫った課題となっています。


こうした問題の解決手段として「介護サービス」というキーワードもあるのですが、これもまた実態をマスキングするように働いている部分があることは否めません。
「介護サービス」は必要です。しかし「サービス」の部分が、私にはどうしても引っ掛かるのです。


「サービス」という言葉にはいったい何が含まれているのか?
一つにはサービスメニューの提供と、それへの対価という面でしょう。つまりビジネスです。ビジネスですから競争があり、客は各機関が提供するサービスの優劣を比較する。
一方、運営する方はビジネスを成功させるために、効率化、集約化を進める。結果として「介護サービス」が、なにか居酒屋チェーンのような格好になって行っています。


私はこれを危惧します。「介護」は、けっして技術と労働対価だけでできるものではありません。どうしても「愛」が必要になってくる。ところが経営が大規模化したり、投資家が入り込んで来たときに、その「愛」の部分をちゃんと見ることができるのでしょうか? 現状では「愛」の部分は、個人的な資質にただオンブしているように思われて仕方ありません。


そうしますと、「愛」はババ抜きのようなもので、金で買えばよい、引き受け手がいなければ外国人に頼めばよい、とそのようになってはいないでしょうか?


そこで私の提案です。「介護」という問題に直面したときに「介護サービス」ではなく、真っ先に「介護チャレンジ」と「介護愛」というキーワードを思い浮かべてはどうでしょう?


人が成長を本当に実感できるのは、世間で言うような「社会的な成功」といったことではなくて、実は「当たり前のことが当たり前にできるようになること」にあります。
地位、名誉、財産は関係がありません。「当たり前のことが当たり前にできる人」ほど凄い人はいない。しかし若いときにはこれが解らないわけです。


それが、ある程度の年齢に達し、自分も「介護」や「看護」をしなければならなくなったときにどう考えるか?
「困ったな」「イヤだな」ではなくて、自分を成長させてくれる「介護チャレンジ」の瞬間が来た。よし「介護愛」という未達の課題を自分の中に育もう。しっかりとマスターして、やりぬいて、自分を成長させてやるぞ。一つそのように思いたいわけです。
関連記事
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

imanari munekazu

Author:imanari munekazu
このコーナーでは、時事の話題に触れながら、意見、雑感等を不定期に発信してまいります。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。