LOTUS STUDIO BLOG
これから何が起こるか。我々は何をすればよいのか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先の衆議院選挙には正直ガッカリしました。
「こんなものかぁ」という感じです。
結果についてではありません。結果をどうこう言っても始まりません。

選挙の争点がもっぱら「景気回復」に有ったということ。分析によれば、原発の是非については、わずか1割の影響力しか持たなかったのだとか。それと、3年半前には自民党政治にウンザリして民主党を選んだ筈なのに、今度は振り子が大きく戻るようにして自民党に回帰してしまったということ。

言葉は悪いですが、なんだか丁半バクチをしているようです。
丁がダメなら半、半がダメなら丁。
結果的に、アメリカ仕込みの二大政党制のロジックが出来上がったのだ、と言えなくもありません。

二大政党制というのは、裏から見れば、大衆のガス抜きのために設けられた制度です。アメリカは基本的に自由主義の国。その自由主義の枠組みの中で、保守とリベラルの小さい差を設けているだけです。どっちが政権をとっても、基本路線が変わることはありません。それが二大政党制というもののカラクリです。

日本も、労働組合を母体とした民主党が政権をとったことで、労働者に有利な政治に変わるのかと思いきや、そうはなりませんでした。
政権運営の酷さばかりが目立つだけで、自民党といったい何が違っていたのか、今となってはよく解りません。

今回、選挙前の調査で「選挙後にはどのような政権の枠組みを望みますか?」という質問に対し「自民党と民主党の連立」と答えた人が3割以上もいたのには驚きました。ちょっと前まで、これは「大政翼賛会」と言って、絶対にあっちゃいけないことのように言われていた筈なのですが‥‥。

でもそれを望んだ人が3割も居た。よい方に解釈すれば、「与野党で争っている場合ではない。一致団結して、日本をよくしてくれよ」という切実な願いだったのかもしれません。

選挙の争点が「景気回復」に有ったということは、「景気」が回復すれば暮らし向きがよくなる、諸問題が解決する、と考えている人がまだまだ大勢いるということなのでしょう。マスコミを通じた洗脳の根深さを感じます。

ヨーロッパの経済危機や、アメリカの貧困が一体どうして起きたのか? 失われた10年が、失われた20年に延長されてしまったのはどうしてなのか?「改革」を叫び長期安定政権を維持した小泉改革後、日本がどうなってしまったのか? 民主党にスイッチさせたはいいが、その後はどうだったのか?

やっぱり日本は、総括しない国なんですね。
根拠なき「期待」に身を委ねることはもうやめにしなければならない。
と個人的には思うのですが、どうもそんなふうにはなりませんね。
関連記事
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

imanari munekazu

Author:imanari munekazu
このコーナーでは、時事の話題に触れながら、意見、雑感等を不定期に発信してまいります。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。