LOTUS STUDIO BLOG
これから何が起こるか。我々は何をすればよいのか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第46回の衆議院議員選挙が12月4日に公示、16日に実施されます。
解散から一ヵ月しかないというのは、立候補者にとって非常に厳しいものがあるようですね。
おまけに小選挙区制ですから、一つの選挙区で一人しか当選できません。そうなると必然的に、知名度のある人や、政党支持率の高いところが選挙戦では有利になってきます。


今回の選挙では第三極の台頭ということが言われているのですが、選挙通に言わせると、小選挙区制のもとで議席を獲得するのは、単なるムードとは異なるしっかりした選挙戦術が必要とのこと。わずか一ヵ月の準備期間で第三極が表舞台に登場するのは、なかなか難しいようですよ。


と、最初に評論家のようなことを書いてしまいましたが、そんなことは私たちに今どうこうできるわけでもなく、この手の政局分析に心をくだいても仕方がありません。
それよりも問題は、一般庶民が今どう政治に関われるのか、ということです。
日本国は、一応民主主義国家ということになっているのですが、果たして本当に民主主義が日本国にあるのでしょうか?


「民主主義(democracy)」とは、一般の人々が国家権力に参加することを言います。
これと「議会制」とは、本来はまったく別の概念です。「議会制」のモデルとなったイギリスの上院が「貴族院」と呼ばれている(今日でも爵位を持つ人で構成される)ことをみても、「民主主義」とは別物であることがよく解るでしょう。


ところが私たちは、子供のころから「議会制民主主義」=「民主主義」という概念を植え付けられて育っています。
その結果、選挙制度で選ばれた代議士が政治を担うという制度に何の疑問を持たず、今日まで来ているのです。


しかし、本来の「一般の人々が国家権力に参加する」という意味からすれば、今の私たちが取り得る手段はそれほど多くありません。
国民が直接投票できる制度は、衆議院制度の際に同時に実施される「最高裁判所裁判官国民審査」と、「国民投票」しかありません。


「国民審査」はご承知のように形骸化していますし、「国民投票」は憲法改正の場合のみに制限され、これまで一度も実施されたことがありません。
よって、選挙のときに代議士を選ぶことでしか、「参加したつもり」にはなれないのです。後は、デモをするとか、暴動を起こすとか、市民的不服従を行うことでしか、政治に関わることができません。


では代議士による政治の根幹はいったい何になるのでしょうか?
これはとても簡単です。「公約」を守ることです。
「公約」を掲げて、その「公約」に対する賛同者を募り、当選する。当選したら、その「公約」を実行する。「公約」が実行できなければ、政党は下野し、代議士は次の選挙で落選する。
これが守られなければ、「議会制民主主義」など、全くの絵に描いた餅です。


ところがどうでしょう?
政権を握っても「公約」はちっとも守られない。
政党政治と言うけれども、たとえば消費税やTPPや防衛問題に関して、一つの政党の中にも真っ向対立する考えがあってまとめきれない。


そしていざ当選したら、政権獲得の目的のために、まったく意見を異なる政党とも連立を組んでしまう。(お若い方は知らないと思いますが、1994年にはなんと自民党と社会党が連立政権を組んだこともあるんですよ!)
これでは、選挙が大事といったところで、投票行為にどんな意味があるのか、本当に空しくなってしまいますね。


これからの政治が、日本国と日本国民にとって、非常に重大な意味をもたらすであろうことは疑いようもありません。
それなのに、日本には民主主義がない。
これから、いったいどなたが、どう日本を導いていくことになるのでしょうか?


●参考
2009年時の野田佳彦氏の街頭演説
http://www.youtube.com/watch?v=y-oG4PEPeGo
総理になった野田佳彦氏の2012年の弁明
http://www.youtube.com/watch?v=GW9en-eEthw&feature=fvwrel
実は「イギリスのルールはよく知らない」と発言
http://www.youtube.com/watch?v=kz6Ip-I5mjs&feature=related
岡田克也氏の2009年の街頭演説
http://www.youtube.com/watch?v=zCdjQCswXnQ


厚顔無恥な人でないと政治家になれないのか。それとも政治家という職業が人を厚顔無恥にしてしまうのか。私にはよく解りません。
今度の選挙でも、街頭演説などの発言は逐一録画しておくとよいようですね。それが、今の時代においては、政治に参加する有効な手段になりそうです。
関連記事
スポンサーサイト

共感します。
[2012/12/03 18:20] URL | 山村正 #mQop/nM. [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

imanari munekazu

Author:imanari munekazu
このコーナーでは、時事の話題に触れながら、意見、雑感等を不定期に発信してまいります。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。