LOTUS STUDIO BLOG
これから何が起こるか。我々は何をすればよいのか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「エネルギー問題」と聞いて、何を思い浮かべますか?
化石燃料に変わるクリーンエネルギーは何か、ということでしょうか?
それとも、原子力発電の是非についてでしょうか?
はたまた、メタンハイドレートやシェールオイル、シェールガスなど新たな化石燃料の利用のことでしょうか?


このようなことを先ず思い浮かべるのが常識だとするならば、私たちは「エネルギー問題」に関して、すでに相当「洗脳」されているということになります。


原子力発電は言語道断ですが、だからと言って、太陽電池や水素燃料自動車や電気自動車がクリーンかというと、そんなことはまったくありません。
太陽電池も水素も電気も、元は化石燃料を使用して作られます。これは一種のごまかしであり、迂回生産に過ぎないのです。


アメリカのオバマ大統領は、2009年、就任時の議会演説でいわゆる「グリーン・ニューディール政策」を高らかにぶち上げました。が、2011年になってシェールオイル、シェールガスの実用化に目処がつくと一転、これを「脱中東」を成し遂げるアメリカの救世主として、熱狂的なエールを送っています。


実にいい加減といいますか、結局のところ、私たちは何が正しくて何をどうすればいいのかさえ、よく解ってはいないのです。


地球温暖化の原因は、今日では炭酸ガスの増加によるものとされていますが、これすらも本当かどうかは実のところ解ってはいません。
元副大統領のアル・ゴアは、アカデミー賞を受賞した映画『不都合な真実』で、炭酸ガス犯人説のキャンペーンに努めたわけですが、根拠とされた「ホッケースティック曲線」が、恣意的に作られたものであったことが後に判明しています。


ここに、私たち一般人が聞かされていない、別の「エネルギー問題」があります。
いまエネルギーと言いますと、化石燃料を燃やすか、送電線を使って送られて来る電気エネルギーが主要な位置を占めているわけですが、これらは共に巨大なシステムによって運営されています。
石油の供給がストップしたら自動車は動きませんし、電線を家に引き込まない限り電気は利用できません。


つまり私たちは、それらを運営している大元に、生殺与奪(せいさつよだつ)の権利を握られているということになります。と同時に、それは莫大な利益が独占的にそこに流れ落ちる仕組みになっていることを意味します。


彼らにとって、もっとも不都合なことは何でしょうか? この独占権を取り上げられるか、またはシステム自体が機能しなくなってしまうことです。
そこで独占権を維持するためには政治と癒着する必要があり、機能を維持し続けるためには、革新的な代替エネルギーの登場を阻止する必要があるのです。


福島第一原発事故後の、東電と政府とマスコミの動きで、そのことがよく解ったでしょう?


もし、各家庭が個別にエネルギーを生産することができたとしたらどうでしょう? 送電線も石油も原発も、必要ありません。
これは既存のエネルギー産業を崩壊させるだけでなく、それと癒着した政治もひっくり返すほどのインパクトをもたらします。
またエネルギーを得るための(賃金を稼ぐ)労働も必要がなくなりますから、労働概念を一変させてしまうかも知れません。


実はこうした夢のようなエネルギーは、ずっと前から開発されていました。
いわゆるフリーエネルギーというものがそれで、宇宙に無尽蔵に存在する、通称エーテルからエネルギーを取り出す技術です。


しかし先に述べた理由によって、これらのエネルギーの実用化は未だに阻止され続け、大衆の目をごまかすためのまやかしの「エネルギー問題」が、意図的に流布されて来たのです。
でも真の「エネルギー問題」とは、それではありません。
本当の「エネルギー問題」とは、フリーエネルギー技術の実用化を阻止していることにあるのです。
関連記事
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

imanari munekazu

Author:imanari munekazu
このコーナーでは、時事の話題に触れながら、意見、雑感等を不定期に発信してまいります。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。