LOTUS STUDIO BLOG
これから何が起こるか。我々は何をすればよいのか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回は、「闇の権力者」の存在と動きについて、どのていど認知が進んでいるのかというものを見て来た。
最近は、私の周囲でも『THRIVE』を観たという人がかなり多くなって来た。これはよい傾向です。


せめて人口の1%くらいが、このことを認知してくれば、世の中がよい方向へ変わるかもしれないと思うのだが‥‥。
しかしマスコミが流す情報とは隔絶しているために、マスコミ情報しか得ない人々にとっては、まだまだハードルが高いんでしょう。


私は最初、経済の行く先に疑問を抱き、ついで経済学者やアナリストと称する人たちに反感を覚え、最後には政治に憤りを感じるようになっていった。
この憤りの理由は単純だ。
「歴代内閣はずっと経済成長を目指しながら、なぜ20年以上も不況から脱することが出来ずに、世の中や生活は悪くなるばかりなのか?」ということだ。


先ず最初に、私は自民党政治が悪いのではないかと思った。そして政権が代われば、そうした状況から脱することができるのではないかと思ったのだ。
ところが、民主党政権になって、もっとヒドい状況になってしまった。今の野田政権などサイテーです。
結局、政治家も、マスコミも、御用学者も、経済界も、みなクソだということです。


そこで私は「政治が失敗だった。政治家が無能だった」と思うようになったのだが、ここに来てハタと気がついたのだ。
これは「失敗」ではなくて、「成功」だったのではないかと。
つまり、ある意図を持った勢力からすれば、「大大大成功」だったのだ。
その意図とは、「日本属国化計画」と「人間家畜化計画」、そして「人類削減計画」である。


・終身雇用制で安定していた日本に、資本家とレイバー(奴隷)の格差を定着させることに成功した。
・バブル崩壊後のドサクサに紛れて、日本企業および日本政府の支配に成功した。
・個人資産を奪うために、貯蓄奨励から金融バクチ奨励へと政府方針を転換させ、金融バクチ市場へ素人を引きずり込むことに成功した。
・日本にアメリカ国債を買わせたり、湾岸戦争の戦費を出させたり、駐留米軍の費用を出させたりして、日本国の金を奪うことに成功した。
・日本企業を弱体化させ、失業者を増やし、自殺者、精神病者、餓死予備軍を増加させることに成功した。
・デフレスパイラルを計画し、所得減少、税収不足、借金超大国への道をつくり、日本を三等国へ落とすことに成功した。
・以上を通じて、若者には未来に奴隷生活しかないということを悟らせることに成功した。
・晩婚化、不妊化、オタク化によって、少子高齢化に成功した。
・マスコミを使って愚民化政策を実施し、政治経済のことなど解らないし関心もない「奴隷」を育成することに成功した。(どうもぐみんなさい)



ね、大成功じゃあーりませんか。
バブル崩壊直後も、そして今も日本は世界最大の債権国だという。なのにその債権を使って、不況を脱することができない。
経済学では、景気が悪くなったら貸し出し金利を下げるということになっている。ところがどうですか? 日本はずーっと超超低金利を続けながら、ずーっと不況のまま。


この理屈を、経済学者や政府はなんにも説明しません。
国民もあまりに長い間この状態が続いているので、それが当たり前だと思うようになってしまいました。(さてはそれが狙いか?=「日本人去勢化計画?」)


「原発やめたら、企業は日本を逃げ出して空洞化する」って政府は国民を脅しているけど、もうとっくに空洞化しているじゃありませんか。原発あっても空洞化していたのに。
もう誰がこんなデタラメ信じるかって。


「闇の権力者」のことを知ってから、マスコミ情報の「裏」がだんだんと解るようになってきた。
さてそうやって「裏」は解るようになったのだが、何が「真実」かは依然として解らない。
たとえば「シリア情勢」と「アウンサンスーチー」。


「シリア情勢」ではアサド政権が国民を虐待していると報道する。一方で「アウン・サン・スー・チー」は、民主化のヒロインであると持ち上げる。
このレッテル(ラベル)の貼り方が、あまりに露骨で(ニュースを読むキャスターが最初からそういうポジションで語る)、私は両方とも「クサい」と感じた。


「シリア情勢」に関しては、解らないことだらけだ。
我々が見せられる映像は、携帯電話で撮ったものばかりだが、ウラが取れているものはないのだと言う。
これらの報道の大元はAP通信で、この傘下にある報道機関は、世界各国で同じ世論を作り上げるように仕向けられているのだと言う。国民虐待の映像は、傭兵を雇った闇の権力者が意図的にそうした演出をしているというのだ。

メディア支配図

メディアの支配構造図

以前ならマスコミで流される映像は、マスコミの記者が取材していた。
素人が携帯電話で撮影した映像はインターネットでゲリラ的に流されたのだ。
ところが「シリア情勢」ではこれが逆転している。


誰が撮影したかも、そしてそれが本当にあったことなのかも解らないような映像が連日マスコミで流され、それにキャスターの断定的な「アサド政権非難」のコメントがくっつけられている。
ヘンなのは、アサド政権側の映像(シリアの国営放送)というものが一切ないのだ。こんなものが信じられるだろうか?


アウンサンスーチー女史については、軍に何十年間も自宅軟禁された可哀想な人、民主化の闘士だと私もずっと思っていた。
しかし、ヒラリーがミャンマーにひらりと舞い降りたのを見て、変だと思った。さらに野田政権がいち早く玄葉外相を送り込み、なんと「民主主義」をのたもうたときには呆れ返った。
アメリカも日本も、自国ですら実現できていないことを、エラそうに講釈するな!と言いたい。


調べてみると、アウンサンスーチー女史は英語が堪能なイギリス育ち。
軟禁にあったという自宅も、アメリカ大使館の隣りにあるというではないか?
ああ、またもやアメリカだ。


話は飛ぶが、このアメリカの『イラン制裁法』というものにもぶったまげた。イラン中央銀行と資金決済を行う金融機関の米国での活動を制限する法律だと言うのだ。こんなのあり?
イラク戦争のときと全く同じ理屈。敵と付き合うところはみんな敵。イランと付き合うような国はいらんという、ジャイアンの論理なのだ。


さて、「シリア情勢」に話を戻すと、どうもこの背景にはイスラエルの問題があるようなのだ。
先ずこのシリア人女学生の訴えを観て貰いたい。



参考:http://raizen.seesaa.net/category/12760179-1.html

この女学生の訴えるところによると、シリアは中東で「シオニスト」という敵に抵抗している数少ない国の一つであり、シオニストとシオニスト支援国が、中東革命のブームに便乗して、彼らにとって目障りであるアサド政権を打ち倒そうとディスインフォメーションを流していると言うのだ。


ん? 中東問題? 我々日本人にとっては縁遠い。
と思いきや、そうでもない。まずこの「シオニスト」という言葉であるが「シオニズム」を推進する人という意味であり、シオニズム(英語では「Zionism」ザイオニズム)とは、世界に離散したユダヤ人が、パレスチナの地に故郷を再建しようという復興運動のことを指す。
第二次大戦後、この復興運動によって、パレスチナの地に住んでいたパレスチナ人を追い出して建国した国が今のイスラエルである。


「シオニズム」の「シオン」とは、エルサレム市街の丘の名前なのだが、驚くなかれ、京都祇園祭りの「祇園」とは「シオン」のことだという。
そればかりではなく、日本とユダヤの間には、共通点がいっぱい見出せるというのだ。これがいわゆる「日ユ同祖論」である。
そのことはひとまず置き、我々はユダヤ人について何を知っているであろうか? 言葉としても、イスラエル、ユダヤ、シオニスト、ヘブライ、パレスチナといろいろだ。混乱してもしかたがない。


しかし「闇の権力者」の話を追いかけると、ユダヤ人のことをどうしても避けて通るわけにはいかない。
きっとあなたも聞いたことがあるだろう。「ユダヤ人の陰謀」という話を。
早い話が、ちまたに溢れる「陰謀説」はみんな「ユダヤ人」のせいにされてしまう。ではその陰謀を企む「ユダヤ人」とは何なのか? なぜ「ユダヤ人」はそう言われるのか?


先ず「ユダヤ人」とは何かということだが、普通に考えればユダヤ民族の血統を持つ人々だと考えるであろう。ところがそうではない。


「ユダヤ人」とは「ユダヤ教」を信仰している人のことを言う。したがって国籍は問わない。
民族の血統をいう言葉なら「ヘブライ人」である。ただし古代「ヘブライ人」は離散したとされ、その後各地で混血を繰り返したので、今ではわけが判らなくなっている。(実際には、皮肉なことに、イスラエルが追い出したパレスチナ人が、ヘブライ人の子孫?)


一方「(現在の)イスラエル人」とは、イスラエル国籍を有している人であり、この中にはイスラム教徒もキリスト教徒もいる。
パレスチナは中東の地域名を言い、「ヘブライ人」が離散したとされた後、この地に住んでいた人々を「パレスチナ人」と称する。


さてここで問題です。イエス・キリストの皮膚の色は何色だったか?
肌色!
(イエースと言いたいところですが、バカなこと言ってんじゃありません!)
キリストは「ヘブライ人」でしたから、日本人の祖先と同じセム族(有色人)だった筈です。
でも変ですね。絵で見るキリスト像は白人ですし、テレビで見る「イスラエル人」も白人ばかりではないですか。


今日、世界には1500万人のユダヤ人が居ると言われているが、その90%は「アシュケーナージ系」と呼ばれる人々であり、真性ユダヤ人は1割ほどしかいないという。
アシュケーナージは今から1000年ほど前、黒海とカスピ海との間にあったカザール帝国のカザール人をルーツとしている。このカザール人はアーリア人種、つまり白人系であった。


カザール帝国は、地理的にキリスト教とイスラム教の双方からプレッシャーをかけられていたので、身の保全を図るために、両方に通じる教義を持つユダヤ教に、国を挙げて改宗したのであった。
この子孫たちが、西ヨーロッパやアメリカに散っていったのである。


キリストの顔はローマ帝国が国教に定めた際に白人に描き変えたものだし、現在の「イスラエル人」も、民族的には「ヘブライ人」ではない人が大部分ということになる。
では現在のイスラエル国家とは何なのか?
全部が全部そうだというわけではないが、白人の中でユダヤ教に改宗した「シオニスト」が中心になり打ち立てた国、それがイスラエルである。


イスラエルは、第二次世界大戦後、ナチの迫害にあったユダヤ人(この時は血統のことを言っていたが、実際には判らないし、いい加減に判定された)を救済するために建国されたということに表向きなっている。
しかしそうではない、と主張するのが、次のビデオである。



要するに、イスラエルは、イギリス、フランス、アメリカが中東の石油の番人として置いた「シオニスト」国家であり、「ヘブライ人」国家ではないということなのだ。
この関係が解れば、アメリカの中枢をなぜ少数のシオニストが握っているのか、イラクになぜ戦争を仕掛けたのか、なぜ「テロとの闘い」というスローガンを打ち出したのか、なぜ今またイランを制裁するのか、まで読み解けて来る。
結局これらをコントロールしている者は、石油の支配者であるところの「イルミナティ」なのである。


そこで我々は、「ユダヤ人」と「シオニスト」とを区別して捉えなければならない。
「ユダヤ人の陰謀」と言うとき、それは民族的な「ユダヤ人」を指すのではなく、「シオニスト」と、「イルミナティ」の中に巣食うユダヤ人もどきの人々を言うのである。
そのため、これらを指して「ニセユダヤ人」あるいは「悪いユダヤ人」と言う場合がある。


いい迷惑は、一緒くたにされ、みな「ユダヤ人の陰謀」で括られてしまうことになった正統派「ユダヤ人」なのである。そこでこれを見ていただきたい。
アメリカがテロリスト呼ばわりをしているイランのアフマディネジャド大統領が「ユダヤ人」と面談し、ハグまでしている映像である。マスコミで垂れ流されているニュースがいかに欺瞞に満ちたものであるか、解ろうというものだ。



「イルミナティ」の共同謀議が「ユダヤ人の陰謀」と呼ばれてしまうのには訳がある。
1815年に、私営の株式会社に過ぎないイングランド銀行が、国家に代わって通貨の独占的発行権を英国国王から与えられる。いわゆる中央銀行制度という金融詐欺の始まりである。
このロンドン金融界(シティ)の支配権を握ったロスチャイルド家が「ユダヤ人の王」と呼ばれたのだ。


ではロスチャイルドは本当にユダヤ人なのか? 本当にユダヤ教徒なのか?
話は、西暦480年のヴェネチアに遡る。
ローマ帝国が滅びると、ローマ帝国の貴族の一部がヴェネチアに避難して、そこを自分たちの世界首都としていった。
ヴェネチアの地の利を活かして、貿易と金融による寡頭権力体勢(オリガルキー)を作り上げたのである。


後に「黒い貴族」と言われるようになった一団は、十字軍遠征でキリスト教徒とイスラム教徒を戦わせたり、モンゴルにイスラムと戦わせたり、宗教改革でカトリックとプロテスタントを戦わせたり、二項対立を演出してその両方に金を貸して儲けた。(この戦略は、それ以降もまったく変わっていないことに注意)
しかし、大航海時代が始まると、ヴェネチアの地理的条件が悪くなって、ロンドンに世界支配のための首都を遷したのだ。これが、シティ(ロンドン金融界)の始まりである。


一方、ユダヤ教がどうなっていたかというと、ローマ帝国のキリスト教国教化と、イスラム教であるオスマントルコ帝国の躍進によって、教勢がしだいに衰退に向かっていた。
そのようなときに、17世紀になってメシア(救世主)として登場したのがサバタイ・ツヴィ(1626~1676)であった。

frakist.jpg
左:サバタイ・ツヴィ       右:ヤコブ・フランク

サバタイ・ツヴィは一時期100万人もの支持者を得たとされるが、イスラムに逮捕され偽装改宗を行わざるを得なくなる。そのとき古代ユダヤ教のカバラ主義を取り入れた、独自の秘教的ユダヤ教を確立する。そこでこれを「ユダヤ教サバタイ派」と言う。
この「サバタイ派」が、東ヨーロッパからドイツに渡り、18世紀になってヤコブ・フランク(1726~1791)に引き継がれるのである。このヤコブ・フランクが後にロスチャイルド家と関わりを持つことになる。


つまりロスチャイルド家は、「サバタイ派」そして「フランキスト・ユダヤ」(ヤコブ・フランクの思想を持つユダヤ人)の流れを汲む自称ユダヤ人だったのだ。
問題は、この「サバタイ派」「フランキスト・ユダヤ」の思想である。
モーゼの十戒を否定し、悪魔たるルシファーを崇拝した。そして<世界に混沌と破壊をもたらした後に、世界の王(メシア)が君臨し、世界を幸せに統治する>という倒錯的なものであった。
ところで、これを聞いて「なんか聞いたことあるぞ」と思いません? そう、オウム真理教の麻原彰晃も同じことを言っていましたね。


イルミナティの悪魔崇拝は、ここに端を発している。
つまり、正統派ユダヤ人からすれば、「サバタイ派、フランキスト・ユダヤ」は、全くの“反ユダヤ教”なのである。
ジョン・レノンが、「世界は狂人に支配されている」と語ったのは、実にこうした背景があってのことなのだ。



では最後に、「闇の権力者」の問題を追究していくと必ず行き当たるデビッド・アイクの映像をご覧ください。

関連記事
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

imanari munekazu

Author:imanari munekazu
このコーナーでは、時事の話題に触れながら、意見、雑感等を不定期に発信してまいります。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。