LOTUS STUDIO BLOG
これから何が起こるか。我々は何をすればよいのか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小沢一郎さんに「無罪」の判決が出ました。この国の司法制度は、まだ保たれていると理解していいのでしょうか?


最初から無理があった今回の起訴。小沢一郎さんがいったい何の罪で起訴されていたのか、ご存知でしょうか?
「収支報告書への虚偽記載」です。そのことを「小沢一郎さん自身が知っていたかどうかを問う」という裁判なんです。
別にワイロを貰ったとか貰わなかったという話ではないのです。


たとえば、税務署に確定申告をしたけれど、記載に不備があって修正を求められ、修正申告をした。こんなことはしょっちゅうあるわけですが、それを「虚偽記載」だと言えば、言えないことはない。


問題はその最初の申告に、脱税の意図があったかどうかですよね。
小沢一郎さんの裁判は、ワイロの犯罪性を立証できなくて、検察もいったん起訴を諦めたのに、検察審査会がそれに異議をとなえて公判に持ち込んだという代物なんです。


政治を動かしているものは、いつだって「思い込み」と「ムード」です。
でもそれを、国民の側が率先してやるというのは‥‥。


小沢一郎って闇将軍できたない奴なんだから、絶対裏で金貰っている筈だ、という「思い込み」。それで不起訴は不当という「ムード」を作っちゃった。
国民もマスコミも「思い込み」と「ムード」しかなくて、小沢一郎さんが一体どういう犯罪で起訴されているのかなんて、ほとんど知らない。恐ろしいなって思う。


副島隆彦さんが、<小沢一郎叩きってのは、小沢一郎だけがアメリカに楯突いているからだ>って言うんだけど、(つまりそのせいで、アメリカの謀略によってハメられたというんだけど)僕も「それはありじゃないか」と、だんだんと思うようになってきた。


マスコミは「小沢さんの民主党復帰で、消費税増税の行方が混沌として来た」なんていま言ってるけど、こんなのは解りやす過ぎる展開論でね。ニュースにするようなことじゃない。
自民党だって本音は増税なんだから。谷垣さんは「小沢問題をどうにかすれば、増税賛成に回ってもいい」なんて暗に言い出して、そこにもう馬脚が表れている。


つまり増税は既定路線で変えないの。もう決まっているの。そこへ持って行く時に、多少右行ったり左行ったりしたかのようにマスコミを使って演出するだけなのね。
その対立構造を、民主党 vs 自民党で見せていたものが、小沢さんが無罪になって民主党に復帰するので、仕方がないから、増税賛成連合(民主+自民)vs 小沢グループに見せ方を変えるだけなの。


要は、民主党も自民党も、大部分が「アメリカポチ派」なのよね。
民主党 vs 自民党という対立構造は、党利党略の演出だけであって、どっちも大して変わりゃしない。それが解った。
野田佳彦政権というのは、自民党に代わる(アメリカポチ派の)ニューリーダーだったんだ。


ミャンマーの民主化が加速し始めたというので、野田政権はミャンマーの円借款をチャラにして、これから投資するって言った。
僕はそれを聞いて「日本人として恥ずかしい」と思いました。
結局、アメリカと同じことをやろうとしている。というよりも、日本政府はアメリカの出先機関になっちゃった。
同じアジア人として、日本がやるべきことは、違うと思う。


ミャンマーへの進出は経済界の意向を受けてというんだけど、940兆も借金ある国が「ああ、お金は返さなくてもいいからねぇ」って言ったりできるってのは、ありなの?
IMFに600億ドル(約5兆円)も拠出したりって、そんなのありなの?
それって国民に図らなくてもいいことなの?(ものすごーく怪しい。絶対アメリカの要請だと思う)
しかもミャンマー進出への狙いが、労働賃金が日本の1/5だからというんだからね。
それじゃあ、日本の労働者はどうなるの?

民主党の今のキャッチフレーズは、「国民の生活が第一」ってなっているんだけど、「労働賃金1/5が魅力」ということと、「国民の生活が第一」ということが、一体どこで結びつくのか、僕にはさっぱり解らないよ。


今の世界の政治を見ていると、政界内での対立構造(演出と言ってもいいけど)と、民衆が抱える問題・争点というものが、まったく噛み合わなくなってきているように思う。
政治を操っているものがステルス化し、多国籍企業の利益誘導のために政治が使われるようになってしまった。


どの国も、政権がどの政党に代わろうと大して差はなくて(そんなものは政治ショーに過ぎなくて)、世界の政治全体が一貫して企業利益追求を目標に動くようになってしまった。
そのしわ寄せが、高い失業率、低賃金、福祉切り捨て、増税へと動いている。


でも「原発安全神話」と同じく、「企業の景気が上がれば民衆の生活がよくなる」という、偽の経済理論を信じ込まされているので、民衆はそのカラクリに気がついていない。
こんなことがいつまでも続くはずはないと思う。
花火のように弾ける日がいつになるのか。
【PS】IMFに拠出した600億ドルって、総務省で福島復興のために予算にしていたお金なんですってね。それをアメリカに脅されて回してしまったらしい。
それと、調べてみて解ったんだけど、イタリア酩酊会見で失脚して亡くなった中川昭一さん。IMFに1000億ドル拠出するように言われて、それを拒否したために殺されたらしい。
関連記事
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

imanari munekazu

Author:imanari munekazu
このコーナーでは、時事の話題に触れながら、意見、雑感等を不定期に発信してまいります。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。