LOTUS STUDIO BLOG
これから何が起こるか。我々は何をすればよいのか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東日本大震災に際して、各国から送られた義援金がどれくらいだったか、皆さんはご存知ですか?
僕も知らなかったのですが、台湾からの義援金のことを知人に聞いて、調べてみようと思いました。


ところが、外務省のホームページをみても、義援金の金額一覧はないんです。
「諸外国等からの物資支援・寄付金一覧」というのはあっても、金額は書いてありません。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/saigai/pdfs/bussisien.pdf


金額の多寡が問題なのではないとか、いろいろ差し障りがあるということで、こういう風にしているんでしょうけど、僕が政府関係のこうしたデータを探していていつも思うのは、基本的に国民には「知らしめない」ということを前提にしているとしか思えないことです。
「由(よ)らしむべし、知らしむべからず」を、まさに地でいっている。


縦割り行政の弊害で、各省庁がそれぞれ勝手にいろんなデータを作成していて、フォーマットもまったく統一されていない。
分類もデタラメだし、探して、探して、やっとたどり着くという具合です。頭のいい人たちばかりだというのに、なんでこうなるの?
とにかく疲れるし、ムダな時間がものすごく掛かる。
日本政府は、アメリカ追従政策を続けながら、なんでアメリカの情報公開制度を見習わないのでしょうか?


そこで、仕方なしに、外務省のニュース・リリースから1件1件拾って、表を拵えてみました。
「東日本大震災各国別義捐金額」がそれです。(下段に掲載)
本当はグラフにしようと思ったのですが、台湾だけが突出していて、グラフにならないんです。
その額、なんと180億円。知ってました?


表中のオレンジの国、アメリカ、韓国、中国は、外務省のニュース・リリースには記述がないんです。
これは、政府あての寄付金はなかったと解釈していいんでしょうかね。(あったけれども記載していないということって、あるのかな?)
それで、この3国については、メディアで報道された数字を入れました。
メディアでは、「赤十字を通じて」となっているのですが、赤十字は寄付金を寄せた国も金額も公表していませんから、メディア報道の数字が、どこから出たものであるかは定かではありません。


それと、外務省は「義捐金」という漢字を使っているんですね。
僕もアホやから「ギソンキンって読むのかな?」と思っていたら、これもギエンキンで、調べると、本来はこっちが正しいんだそうです。


こういうところは、外務省のこだわりなんでしょうか? きっと上の人が、「義援金は間違い、下々は義援金って書いてるが、義捐金って書くのが正しいんだぞ」って、新入省の今どきのヤングに(すみません(´ω`)言葉がどっちもナウくなかった)説教垂れる伝統の、残照だと推察します。


さて台湾です。
こんなご厚意をいただいておきながら、日本政府のつれないこと、つれないこと。
日中国交正常化以降、台湾という国はないことになっていますから、中国に遠慮して、知らんぷり外交を貫いている。


外務省のホームページも、こんなにいただいておきながら、台湾に関してはニュース・リリースを書いておらず、「財団法人交流協会」のホームページへリンクを貼ってあるだけなんです。
「勝手に見ろ。外務省で書いているわけじゃないから、責任ないぜ」って感じです。


こういうのって、人として、いかがなものでしょうか?
今日のニュースを見ていたら、日本の学生さんが台湾で、台湾の人たちの感謝の意を表す集会を開いたそうですね。
日本政府は、政府としてはなにもできないから、民間人有志がそういうことやるしかない。


日本て、独立国なんですよね。
例の中国漁船衝突事件のときもヒドかったけど、なんでここまで中国に遠慮しなくちゃいけないんでしょうか?
中国はジャイアンで、日本はスネ夫なんでしょうか?
チベットで起きている抗議の焼身自殺も、ウイグル自治区の暴動も、オーストラリアやヨーロッパのニュースで知るしかない。
日本政府もメディアも、本当に腐っていると思います。


東日本大震災各国別義捐金学20120312

各国々の方々ありがとう。
関連記事
スポンサーサイト
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2012/08/16 22:29] | # [ 編集 ]

素敵な話ですね。同じ国の人として、同じ人間として感動しました。
多くの国の人がここまで支援してくださっていたなんて、まったく知らなかったです。
それを率先して国もメディアも報道してくれないと国民がはずかしい思いをしますね。
お互いに感謝して、ありがとうと伝えられれば、中国も含め多くの国と仲良くできると思うのですが。
人間関係ではどの国の人とも仲良くできる人が多いですが、国と国になるとどうも駄目ですね。何もかわらないことだとは思いますが。
[2013/03/29 14:27] URL | oya2 #- [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

imanari munekazu

Author:imanari munekazu
このコーナーでは、時事の話題に触れながら、意見、雑感等を不定期に発信してまいります。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。