LOTUS STUDIO BLOG
これから何が起こるか。我々は何をすればよいのか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NHKの世論調査で、「特に支持している政党はない」と答えた人がこれまでで最高の49.4%に達したという。
この調査に、僕もかつて一度答えたことがある。サンプル数は1000ちょっとであるから、もの凄い確率だ。
宝くじは、当たったためしがないけれど‥‥。


この調査は、選択式なのだが、ちょっと困るのである。
「民主党を支持しますか、しませんか? A.支持する、B.やや支持する、C.どちらでもない、D.支持しない」
といった具合に訊いて来て、その中からどれかを選ばなくてはいけない。


しかし、政党を支持するか・しないか、といった前提そのものが、今の時代にもはやズレている感じがするのだ。
個人的には、政党など、どこだっていいのである。
共産党だって、みんなの党だっていい。
こっちが考えるような政策を考え、実行してくれるのなら。


おそらく、多くの人もそう思っているのだろうと思う。
それが、「支持政党なし」50%という数字に表れているのだと思う。


民主党に政権が移ったが、自民党時代と何が変わったのか?
アメリカ追随の外交は変わらず、消費税は値上げ前提だし、天下り問題もそのまんまだし、経済はどん底だし、福島原発事故でお粗末の限りだし、ウソばっかり言ってるし。


官僚支配の問題は、自民党政権のときには、そこを民主党が責め立てたから、いろいろな問題が明るみにされてきたが、民主党政権になったら、最初のころは対決姿勢を打ち出したものの腰砕け、すっかり元通りにされ、自民党は官僚と仲良しだから野党になっても責めることはしない。
ということで、前よりも悪くなってしまった。


注目すべきは、「支持政党なし」の49.4%が、前回調査から3.3ポイント増なのである。
この3.3ポイントに、急激に跳ね上がったという背景には、福島原発事故への政治の対応に落胆したことが影響しているに違いない。


「政党政治」というもののあり方に、国民はウンザリしているのだと思う。
しかし、国会やメディアは、あいかわらず「政党政治」を前提として、党利党略の応酬ばっかりを報道する。
そんなものどうだっていいと思う。
そんな、下らないことの報道によって、本当に大切なことが隠されてしまう。


NHKも世論調査をするのならば、「政党支持率」ではなく「政策支持率」こそを訊くべきだ。
そうは思わないかい?
たとえば「日本は核武装をした方がいいと思いますか? A.そう思う、B.やや思う、C.どちらでもない、D.思わない」
その結果、「核武装支持者は、前回より2.1ポイント上がって10.3%になりました」とかね。
沖縄の基地の問題とか、自由貿易に関することとか、税金とか福祉のことなんか、「政策」を訊けばいいと思う。


その時々の旬の「政策」に関しては調査をするんだだけど、継続しているものはない。
もし「政策支持率」の経時変化を訊いていれば、それが政治の方向に影響を与えることができるかも知れないのに。
でも、支持政党の調査なんて、『anan』が昔やってた「抱かれたい男」調査と大して変わらないよ。
(『anan』は2009年でやめて、今は「東京独女スタイル」というところがやっておられるそうです。ご苦労様なことです)
関連記事
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

imanari munekazu

Author:imanari munekazu
このコーナーでは、時事の話題に触れながら、意見、雑感等を不定期に発信してまいります。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。