LOTUS STUDIO BLOG
これから何が起こるか。我々は何をすればよいのか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NHKのBSシネマで『チャイナ・シンドローム(The China Syndrome)』をやっていたので、複雑な気持ちでこれを観た。
日本公開は1979年。公開時には見逃していたのだが、その当時「チャイナ・シンドローム」という言葉の意味がかなり一般に浸透したことを覚えている。

チャイナシンドローム

要するに、アメリカの原発で炉心溶融が起きると、溶けた燃料が圧力隔壁を突き破って、地球の裏側の中国まで達するぞ、という意味である。
それほど、炉心溶融(メルトダウン)は恐ろしいんだぞ、というこれは警告の映画であった。
アメリカでは、映画が公開されたその日から12日後に、あのスリーマイル島原発事故が起こり、あまりのタイムリーに、映画も大ヒットしたということだ。


映画は、原発の技師で原発稼働コントロールの責任者であるジャック・ゴデル(ジャック・レモン)が、手抜き工事の不正を知り、これが重大事故につながるかもしれないと危惧、内部告発しようとして会社から睨まれ、最後は殺されてしまうという悲劇を扱っている。(ジャック・レモンって、やっぱりいい役者だなぁ。コメディも出来るし)
ジャック・ゴデルは、自身が開発に加わった原発を愛しており、技師としての職務に忠実であろうとするのだが、金もうけ優先の会社はそれを疎ましく思い、何もなかったことにして彼を葬り去ろうとするのである。


図式は単純だが、その単純なことが、今回の福島原発事故でもそのまんま起きている。
事故を隠そうとする電力会社と政府。その陰で、犠牲になっている人々。
人間て、懲りるってことがないんだね。


複雑な気持ちにさせられたのは、映画『チャイナ・シンドローム』では、メルトダウンが<未知の、なにか恐ろしいこと>として扱われていたのに、福島第一原発では、それが実際に、三基も同時に起きてしまったことだ。
つまり、<おそろしい>の3倍が、現実に起きたのである。


それなのに、現在の、この平然さはなんなのだろうか?
地震直後には、日本人の冷静さが、世界中で(特に中国で)讃えられたのだが、
今の平静さは、いくら平成時代だといっても「おとなしいにも、ほどがある」のではないだろうか?
こうしている間にも、放射能汚染の連鎖は、静かに深く、浸透していっているのである。
チェルノブイリで今起きている問題が、日本で、確実にこれからやってくるのである。


除染」などと言っても、放射能がなくなるわけではない。
どこかに移していくだけで、「移染」と言った方が正しいのではないのかな?
捨て場所などどこにもないのだ。でもそれを政府は言わない!
政府もマスコミも、「除染」はやめて「移染」に言葉を改めるべきだ。


東日本に住む人間は、もう、長期にわたる内部被曝は避けられない。
政府はこの先「許容量」という数字を、だんだんとごまかして行くことであろう。
年金支給開始年齢をだんだんと上げて行くことと同じである。
普天間基地移設問題やTPPと同じである。
「小出し作戦」で、なんとなく、「そういうもんだ」という合意形成を図って行く。


そのことに、従順でいいのだろうか?
おとなしいにも、ほどがあるぞ! 日本国民。
世界中で、大規模デモと暴動とテロが起きているというのに。


日本では、中国漁船の体当たり問題を、国民に知らせずウヤムヤで終わらせようとしたけれど、
韓国では、中国漁船の違法操業に頭にきた人々が中国国旗を踏みつぶしたり、中国漁船の模型をぶっこわしたり、政府を弱腰だと街頭でも非難している。
「非は相手側にある」と、いつもは必ず強弁する中国も、さすがに今回は「韓国政府と共同して事態収拾を図る」とトーンダウンした。
韓国がうらやましい。さすがテンション民族である。
これじゃ喜怒哀楽の激しい韓国ドラマに、日本のドラマが勝てないわけだよ。


「和」の精神は、日本人の美徳であろうが、しかしそれによって「真実を見ようとしない」というのは、これからの時代に、大きな禍根を残すことになると思う。


Frying Dutchman“humanERROR”良かったら聴いてみてちょ。(映像はありません)
ぜんぶ言えてる。すごいなぁ。相当勉強しているね。



ところで、東京電力の大株主に「東京都」が鎮座しているのだが、都民である我々も、今回の事故の加害者ということになってしまうのであろうか?
東京都は我々が収めた都税で株を買ったわけだけど、東京電力の株主総会には、東京都から誰が出ているのであろうか?
大株主として、議決権を行使している人は誰なのであろうか? 都知事なのかな?
関連記事
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

imanari munekazu

Author:imanari munekazu
このコーナーでは、時事の話題に触れながら、意見、雑感等を不定期に発信してまいります。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。