LOTUS STUDIO BLOG
これから何が起こるか。我々は何をすればよいのか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪ダブル選挙は「大阪維新の会」が勝ちましたね。「圧勝」との報もあるけど、橋本さん70万、平松さん50万というのは、いい数字じゃないかな? 独裁じゃないってことで。


橋本さんは、「大阪都構想」という自分の理念実現のために、知事を辞めてまで市長に(いわば格下に)立候補したわけで、そういう意味では「覚悟の置き方」が違っていたと思う。(なんやプーチンさんみたいな作戦やね→プーチンさん、こんど予定通り大統領に返り咲くらしいけど)


方や、「反独裁」が選挙のスローガンというのは、全くもってナサケナイではないか。
(+)の言葉を吐く人に、(-)の言葉で対抗しようとしても、勝てるわけがないよ。
これ、マーケティングの常識なんだけどなぁ。
(相手の言葉+アンチ)は、言えば言うほど、「相手の言葉」が強調されることになるし、「自分には何も言葉がない」ということをも強調する結果になってしまうのに‥‥。
選挙参謀、ヘタクソだなぁ。


それにしても訳が分からないのは、平松さんて、民主、自民、共産がバックアップしたというんでしょ?
なんやねん、それ。
民主、自民、共産の連合体に、いったいどんな共通「理念」があるっちゅうねん!
普段は、お互いけなし合うとるんと、ちゃうんかいな。
それが一緒くたになって、その時点で、もう負けてるがな。


結局、既成政党の単なる「政局」運営政治が不毛であるということを、有権者がひしひしと感じて、ついに声にしたということじゃないのかな?
それを、政治家は解っているんかいな?


みんなの党の渡辺さんは、よう解ってはると思う。
民主党の輿石さんも解ってはいるが、党の建前発言もせなあかんしな。
自民党の田野瀬幹事長代行は「今回の選挙は、あくまでも地方政治が問われた選挙であり(中略)直ちに国政うんぬんということにはならない」って、言うたんやて。
あれ?「直ちに○○ということにはならない」って、どっかで聞いた言い回しやな。
国会議員はこのフレーズが好きやなぁ。
もう「直ちに○○ということにはならない」って言葉は、「だんだんとそうなる」としか、人民は解釈せぇへんで。


公明党の山口さんは「大阪維新の会が国政に進出した場合、連携するかどうかは、今は白紙の状態だ」ですて。
公明党っていっつもこうなんや。いっつも政権与党にひっ付きたいのね。
まったく何妙法蓮華経以外の理念はないんか!と言いたい。


で、解ってへんなぁと思うのは、共産党の市田さん。
「独裁的な方向が全国的な規模で支持されることはない。単純に大阪の結果が全国に広がることはないだろう」
「今回の選挙で市民の間に広がった(ほんまかいな?)『反独裁』の戦いを一層広げていく」
「みそもくそも一緒にして、閉塞(へいそく)感から全ての既成政党がイヤだという雰囲気が意図的に作られているが、対抗軸を明確にして共産党としての役割を語りかけていきたい」
やて。


もうこういう文言は、人民に見透かされているちゅうことが、まだ解ってないんやね、この人には。
何事もセンスが大事やと思うけど、時代の雰囲気、流れ、意向、欲求、そういうものを皮膚感覚で感じ取れない人は、政治家になったらアカンちゃう?


しかも、ワケが解らんのは、選挙期間中「日本共産党は議会制民主主義を何よりも大切にするからこそ『独裁政治を許さない』の一点で現市長を自主的に支援しているのです」言うてたこと。
議会制民主主義て、選挙で代表を選ぶいうことでっしゃろ?
同じ選挙で選ばれた橋本さんが、なんで「独裁」ちゅうことになるねん?
しかも議会は立法府や。行政やるところとちゃう。行政の長が市長やんか。
言うてることがメチャクチャや。


何が民主主義やねん。なにが政治家やねん。
時代感覚は、一般人以下やないか?
いろんな政党の中で、共産党ほど官僚体質のところはないと前々から思てたけど、共産党も「維新」せなアカンちゃうやろか?
関連記事
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

imanari munekazu

Author:imanari munekazu
このコーナーでは、時事の話題に触れながら、意見、雑感等を不定期に発信してまいります。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。