LOTUS STUDIO BLOG
これから何が起こるか。我々は何をすればよいのか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
報道を見ると、非正規雇用者の首切りに対して、草の根的な支援も徐々に広がっているようです。しかし国の対策としての緊急的なアクションは、24日に国土交通省が発表した「失業者に対する旧公団空き家活用」くらいしか、今のところ目立ったものはありません。

麻生首相は、ハローワークに来た若者に対し「ただ仕事をしたいと言っても、先ず自分がこういうものがやりたいというものがなければ」と語り、反感を買っていましたが、「そんな状況ではない、仕事があればなんでもしたい」ということがどうもピンと来ていないのかも知れません。

日本経団連御手洗会長は、8日の記者会見で、雇用の回復には「迅速に景気対策を実施して、景気を回復させるのが第一」と語り、企業の派遣切りに対しても「苦汁の判断として雇用調整が行われている」と自らの立場を擁護する発言をされました。しかしこれには矛盾があるのではないでしょうか。

現在の急速な景気悪化は、国や産業界が「外需」中心の政策を進めてきた報いです。これを回復させるには「内需」を増やすしかないのですが、個人所得が増えなければ「内需」は拡大しようもありません。それなのに、雇用を切ってしまったら、その元栓が断たれてしまうことになります。これでどうして景気回復が有り得るでしょうか。

御手洗日本経団連会長の言い分は、景気回復を、どこか他所の人頼みにしているようにしか聞こえません。そして、運よく景気が回復すれば雇用は回復するのだ、と。これが果たして、リーダーたらねばならない経済界トップの言い分なのでしょうか?

そもそも「経済」の語源は、「経国済民」(国を治め民を救済する)にあります。そのことを日本経団連のメンバーは噛み締めているのでしょうか。経営者は、簡単に「雇用調整」などとという言葉を使いますが、「働く者」は経済にとっては、回りまわって「お客様」です。頭のいい方たちに、そのことが解っていなかったとは思えません。

首を切られた派遣の人たちが「俺たちは物ではなくて人間なんだ」と語っていましたが、その通りだと思います。ましてや、「雇用調整」のためのNumber(頭数)でもありません。
90年代以降、経営の常識が狂ってしまったのです。アメリカの真似をすることが正しいと、国も経済界も思い込んでいて、いまだにその洗脳が解けないのです。

アメリカ流の資本主義は、富を極端に偏在させる仕組みです。それを真似したからこそ、日本でも実感なき「景気回復」というものが起こったのです。そしてそれは表面的には成功と言われました。しかしその先にあったものが、今の、そしてこれからのアメリカなのです。

諸悪の根源は、この強欲な資本主義による富の極端な偏在にあります。そのメカニズムはこうです。より富を求めるものはグローバリズムによって世界中からお金を集めようとする→競争が世界規模になり、それに勝つためにはコストが抑制される→人手が省けるところは徹底して省き、どうしても必要なところは、より低賃金の労働者へと雇用が移動する→その結果、移動の度に大規模な失業が発生する→失業の増大と賃金の低下は需要の停滞をもたらす→しかし一旦太った富は、新たな投資先を求めて動く→この結果、投資先の市場は乱高下を繰り返し、実態経済はガタガタになる。ババ抜きを生き抜いた富は益々太るが、やがて虚構の上でしか儲けが上げられなくなり、ついにバブルが弾ける。

日本経団連には、優しさというものがありません。人としての思いやりがありません。御手洗さんが言うビジョンなるものは、経営としての勝手な物言いであって、働く人、そして国民の幸福を芯から考えたものとは思えません。自分だけは生き残りたい。自分たちだけは助かりたい。そういう人間としての「エゴ」が出た経営なのです。

そこに正義が感じられないからこそ、ニュースを聞いた人はみな首を傾げているのです。

その間違いに、今こそ気づくときです。
アメリカ流資本主義の洗脳から、いよいよ脱却するときです。
ラビ・バトラ博士はこれまで一貫して、こう言い続けています。
日本から、世界経済崩壊後の新しい経済システム「プラウト」(Progressive Utilization Theory)が起こる、と。

非正規雇用者の首を真っ先に切るのではなく、逆に彼らに「炊き出し」の精神を持って接し、温かく遇することです。
そうすれば、そのニュースが駆け巡り、国民の気持ちを温かなものにすることでしょう。
そして、なるほど日本の経営者は素晴らしい、と世界中からお手本として尊敬を集めるようになるでしょう。
関連記事
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

imanari munekazu

Author:imanari munekazu
このコーナーでは、時事の話題に触れながら、意見、雑感等を不定期に発信してまいります。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。