LOTUS STUDIO BLOG
これから何が起こるか。我々は何をすればよいのか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気づきの啓示板』という他のブログをやりはじめ、それを書くだけで手一杯になってしまい、こちらがだんだん疎かになってしまいました。その間、自分の心境も随分と変化したために、こちらをお休みすることにしました。

世の中に蔓延する不幸や矛盾、その原因を知りたいと考えるようになり、苦手だった経済や政治の世界を探求してみました。その結果、現代の政治が金融を支配する人々によって動かされていることを知りました。

「金融サギ」という言葉がありますが、最初は私も、これは金融をネタにしたサギ師の話だと思っていました。しかし追求していくと、そうではなくて「金融」そのものがサギ的システムで出来上がっていることが解りました。

そのいちばん端的な例が「信用創造」という言葉です。言葉はいいですが、その実体は「思い込みの創造」です。実体がないものを「信用」の名のもとにどんどん膨らませて行く仕組みです。

しかもその「思い込み」の方が、「実体」よりもはるかに巨大になってしまい、国も人々もみなその奴隷になっています。ひとこと「これは虚構なんだ」と上にいる人が言えば済むのですが、それを言ったら「信用」という言葉で成り立たせてきた経済の仕組みが崩壊してしまうので、それを誰も言えません。

そのため、金融界も、政治家も、マスコミも、虚構を伝え続けていくしかなくなっています。しかしそのアンバランスが、あまりにもひどくなって来たために、世界各地で経済をめぐる混乱が連鎖的に沸き起こってきているのです。

病気で言えば、内臓の調子が狂い体中に発疹が出てきたような状態です。それを、軟膏を塗ってごまかしているわけですね。その間に、内臓はどんどん機能不全を広げているのに、それに気がつかないふりをして「まだ行ける、まだ行ける」とやっている。

それがごく一部の、闇の支配者の指令によるものだと言うことを知りました。世界はそういう人たちによって動かされている。その事実を知ることはとても重要だと思います。しかしだからと言って、その抵抗に闘争心を燃やしても、どうなるものでもありません。

福島原発の事故で、この闇の一端が解ったし、国がどういう対応をするか、企業はどういう対応をするか、マスコミはどういう対応をするかということも解りました。一方、一般民衆がどういう扱いを受け、どうやって事件そのものが忘れ去られていくかも解りました。

そういうことが解っても、選挙では、原発推進、TPP推進、アメリカとの同盟強化を打ち出している自民党を、前に民主党に振った振り子の揺り戻しというだけで、国民は再び選んでしまうのですから、もうどうにもなりません。政治と大衆との関係というのは、所詮そういうものなのでしょうか。

そうして、どうにも我慢が出来なくなったときに、やっとクーデターや革命が起きるのでしょう。これも病気で言えば、生活習慣病と同じですね。死ぬ一歩手前というところまで行かないと、人は生活習慣の見直しなどしない。

世の中に蔓延する不幸や矛盾の責を、すべて「闇の支配者」に向けることは簡単ですが、どうもそればかりではない。人はもともとそういう「闇」にシンクロしてしまう、喜んで喝采をあげてしまう心を持っている。そこを突かれて利用されてしまうのですね。

ですから、その心の方が改まっていかない限り、世の矛盾は解決しない。たとえクーデターや革命を起こしても、それは一時的なもので、体質はなにも変わらないんです。だとしたら、心の体質改善の方に目を向けた方がいいと思いました。

それはクーデターや革命のような目立った変化は感じられないでしょうし、影響も微々たるものでしかないかも知れません。しかしだとしても、それがいちばん重要だし大切なことなんだ、という心境に過去一年で達しました。

ということで、このブログはおしまいにさせていただきます。
今までアクセスして下さった方々、どうもありがとうございました。

●参考に
http://www.webdice.jp/dice/detail/3485/
スポンサーサイト

プロフィール

imanari munekazu

Author:imanari munekazu
このコーナーでは、時事の話題に触れながら、意見、雑感等を不定期に発信してまいります。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。