LOTUS STUDIO BLOG
これから何が起こるか。我々は何をすればよいのか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一人息子が久しぶりに帰って来て、
「道を誤ったなぁ。俺も東大へ行って、社会学者になればよかったかなぁ」
と突然言うのです。
「なにバカなこと言ってんだい、偏差値46の男が」
と言い返して、二人で笑ったんですけれど。


息子がそう言うのは、同世代の気鋭の社会学者、古市憲寿(ふるいち・のりとし)さんに最近随分ご執心なようだからです。
古市さんは、前に私がブログにも書いたNHKの『僕らの楽しい資本主義』という番組にご出演されていました。そこでは、彼の変わった「会社生活」も映されていました。


さてそういうわけで、息子から『絶望の国の幸福な若者たち』と『僕たちの前途 』という2冊の本を借りて読んでみました。
私も、今の20代だけではなく、30代、40代、それぞれの年代にとって現代社会がどのように見えているかがとても興味があります。解らないし知りたいからです。


同年生まれの我が息子が古市さんの著作にご執心なのは、きっとそこに共感できるものがあったからなのでしょう。
でも私には、都会のマンションで生活している若者が室内にこもって考えた研究、という感じが強くして、仕方ありませんでした。
息子だって東京育ちです。その意味で、同じ感覚なのかも知れません。


それが悪いと言っているわけではありません。
社会学者としての古市さんの分析に対してあれこれ言えるような知性を自分は持っていませんし、やっぱり頭のよい人だなぁと思います。
でも2つの点で、異論があります。(もしかしたら、私の理解が足りないのかも知れませんが)


一つは、幸福感の定義といったようなものです。古市さんは20代ですので、当然バブルも高度成長期も、その前の貧乏だった時代も、実感としてご存知ではありません。そこで統計資料を駆使して、現代の若者と70年代くらいの若者と、どっちが豊かだったかという比較をされているのですが、これがちょっと違うと思うんです。


物が「ある時代」から「ない時代」を見ますと、「ある時代」の基準で考えますので、どうしても不便とか今より豊かではなかったという判断をしがちです。
でも「ない時代」には、「ある時代」が未経験ですので、今のその状態が不便であるとか、貧しいとかは思わないのです。「ない」のがみんな当たり前だったからです。


ではその時代の幸福感が何であったかというと、「将来、今よりも暮らしがよくなるイメージ」だったと思うのです。70年代には、まだそれが充満していました。
それは個人としても、社会全体としても、疑いなく持っていたもので、そこにあまり不安はなかったのです。


若者も、今のような「就職できないかも」という最低限の不安はなくて、どこの会社へ行けるかという選択の問題であったり、時には「俺は就職なんかしないぜ」というヒッピーを選ぶということが出来た時代でした。


つまり幸福感というものは、現在の所有で測れるものではなく、上昇ベクトルの角度によって規定されるものではないか、というのが私の考えです。
バブル時代には、この角度が急激に上がったわけですが、現代ではむしろ下がる方向へ傾いている。ですから、いくら物が豊富であっても、幸福感とはほど遠いのではないでしょうか?


二つめの異論は、働き方についてです。
古市さんは、ご自身が働く有限会社ゼントを一つのモデルに、これからの働き方の可能性を語っておられるのですが、それが普遍性を持つとはとても思えません。
否定しているのではありません。むしろ「働き方」に関してはその通りと思います。


しかし「働き方」とは別の、有限会社ゼントの「ビジネス戦略」は、あまりにも特殊です。類い稀なる才能の持ち主が集まっていること、成長産業の中に喰い込んでいること、B to C ではなくB to B を狙っていると公言していること。
これらは、今の大多数の若者が置かれた状況とは、あまりにも違い過ぎると思うのです。


私はむしろ、『僕らの楽しい資本主義』でイケダハヤトさんが語っていた「僕らはいいんだ、僕らはいいけれども」という言葉に共感を覚えます。
社会全体の幸福ベクトルが下り坂にあるなかで、凡人はいったいどうすればいいのか? 私はそこが重要な問題だと考えています。


●ニッポンのジレンマ
http://www.nhk.or.jp/jirenma/
スポンサーサイト
12日早朝のワールドニュースでは、「北朝鮮が修理のために、ミサイルを発射台から外した」と言っていたのに、お昼のニュースを見たら、既に「発射され、成功した」と言ってるではありませんか。一体どういうことなのか、サッパリ解りませんでした。

怪訝に思ったのはその後の報道です。既に発射されて終わっていることを、何度も何度も伝えます。報道のいつものパターンです。でも北朝鮮のミサイル発射の話題が、今の日本の国民にとってどれほど重要なことなのでしょうか? それよりも電力事情や原発事情の今を伝えた方がいいのではないでしょうか?

これから書くことはまだ証拠がありませんので、私の妄想と受け取っていただいて結構です。
私はこの報道は、何かをマスキングするためであると思います。言うまでなく「選挙」です。北朝鮮脅威論を強調し、争点(原発とTPPと消費税)をボカしたい勢力がいるのです。マスコミはその人たちの意向に沿うように報道を創っていると思います。

そもそも北朝鮮のミサイル開発にお金を出しているのは誰なのでしょうか? 国民4年分の食料費が費やされたと言っていますが、そんなお金をどこから捻出できるのでしょうか? たぶんこれは多国籍企業です。ブッシュ政権時代のラムズフェルドが居た会社が、北朝鮮の核開発を援助していたことは、公になっています。きっとその線ではないでしょうか?

早い話が、裏には常にアメリカが居るのです。

一週間ほど前のニュースで、「シリアのアサド政権が化学兵器を使うのではないかと、国際社会が懸念している」というアメリカ発のニュースを、NHKがそのまま流していたのですが、この懸念しているという国がアメリカなら、化学兵器を使うかもしれないと言っている国もまたアメリカなのです。こんな話、信用できるでしょうか?

イラク攻撃の根拠とされた「大量破壊兵器」は、ご承知のように結局無かったわけですが、この時CIAが掴んだという情報の出処は、暗号名「カーブボール」という亡命イラク人の証言をもとにしていました。ところがこの「カーブボール」は、ドイツの永住権を取得したいためにデタラメを言っていただけだったというのです。

ドイツやイギリスは、途中から「カーブボール」の証言はどうも信用できないと言っていたのに、戦争をしたくて仕方がなかったブッシュ政権は、コリン・パウエルを国連で演説させて「大量破壊兵器」の存在を断言し、そのまま開戦になだれ込んでしまいました。このおそまつな経過はドキュメンタリーにもなっています。

ベトナム戦争への参戦を決めたトンキン湾事件もアメリカの自作自演であったことが、公開されたアメリカの公文書で明らかになっていますし、ベトナム戦の時に隣国のラオスを空爆し、大勢の民間人を殺戮したことを、後に作戦を行ったヘンリー・キッシンジャーが自ら証言しています。

私が小学生の時に固唾を飲んで見た「アポロ月面着陸」のテレビ中継が、なんと『2001年宇宙の旅』の監督、スタンリー・キューブリックが作った捏造映像であったということも、それを画策した若き日のラムズフェルドと、キューブリック夫人が、後に証言しています。これらはみなインタビュー映像があります。

911同時多発テロも、アメリカの自作自演であったことが、多くの証拠によって明らかになってきています。(貿易センタービルに突っ込んだ旅客機の映像は、CGであらかじめ作ったものを放送時に切り替えるという、「アポロ月面着陸」で成功した方法を踏襲したもののようです)

そこで最近、私が富に感じるのは、マスコミの報道がずいぶん粗っぽくなってきたなぁということです。ウラを取らない、特定の立ち位置が見え見え、誘導したい方向も見え見えというニュースが非常に多くなってきたように思います。

マスコミの業界構造や闇の勢力との関係が徐々に知れわたり、こちらの見識眼が上がったということもあるのでしょうが、操っている勢力の焦りや綻びが、顕著に出て来ているように思います。中東状勢を見ますと、どうしても中東発の第三次世界大戦を起こしたい、ヨハネの黙示録に書かれた終末を演出したい、という焦りが見えるのです。
皆さんはどうお感じになっておられますか?
衆議院選挙が近づいて参りました。今度の選挙で日本の命運が決まります。それほど大事。
選挙制度などバカバカしいと思いますが、他に手段がないのだから、投票行動をするしかない。そういう意味で大事。


私にはこういう世の中であって欲しいという強い願望はありますが、希望は全く持てません。
衆愚政治というものは、今のところ、どうしようもない。それを超える段階まで、人類はまだ賢くなっていないんだよね。
人類の未来というものが、私にはある程度解っていますが、それは言わないことにします。


一有権者として政治家の皆さんにお願いしたいことは次の3つ。
●国民の幸福をいちばんに考えた政治をして欲しいこと。
●国民にとって不都合な情報を隠そうとしないこと。
●当選した後で、公約を反古(ほご)にすることはやめてもらいたいこと。



逆に言うと、政治家って、この3つを全部やっていない。なにか、これをしないことが「政治家」みたいな感じが出来上がっちゃったよね。
ちょっと前まで「政治不信」という言葉があったけど、最近はもう聞かない。それが当たり前になったんだね。

官邸前デモ
2012年12月7日(金曜)首相官邸前デモ

先週の金曜日、首相官邸前デモというのに行きました。その時に貰ったチラシがあるので、貼付けますね。投票の参考になさってください。
首相官邸前デモを指揮している『首都圏反原発連合』は、原発以外の政治スローガンはNOなので、原発に関する各党の見解しか整理してありません。

チラシ
クリックしてちょ。拡大するから。

TPPに関しては、恐ろしいなぁ、と思います。
時間と知性?のある方は、『Democracy Now!』の次の番組を見ていただきたいと思います。(19分です。Youtubeでは公開していないので、このサイトに行って観てね)

TPPの正体

http://democracynow.jp/video/20120614-2

この番組の放送日は2012年6月14日になっているのですが、「TPPの内容がリークされた」と語っているのですから、もうびっくりです!
アメリカがTPP交渉に参加したのが2010年の3月。なんとそれ以降、アメリカでは議会にシークレットで、通商代表部が企業側と連携しながら、勝手に草案作成を進めていたというのです。


えっ! TPPの中身を、アメリカ議会も、アメリカ国民も、なんにも知らないって言うのォ?


だとしたら、そんな貿易協定に参加しようと画策している日本の政府は、なんなのよ?
なんか、「政治の闇」というよりも、ここまで露骨にやられるとバカバカしくなってきませんか?


マスコミが伝える「表」の政治と、
週刊誌と政治評論家が伝える「裏」の政治と、
ネットで一部流通してる「闇」の政治の報道が、
あまりにも違いすぎる!
今や、ハッキリ色分けされて来ました。これがメディアの中における階級闘争に発展するかもしれません。


「裏」というのは、結局、大衆の不平不満のガス抜きの役割を果たしていただけで、真実なんて伝えていなかったんだよね。そうでしょ三宅さん。
「表」ともちつもたれつで、「表」からお金を貰っていたんだよね。


世界はたった一握りの人間に牛耳られている、ということを既に知った者としては、これからどう対処していけばいいんでしょう。
とりあえず、投票には行くつもりですけど。
カタール首都のドーハで、今『COP18(第18回国連気候変動枠組み条約締約国会議)』という会議が開かれています。中心テーマとして討議されるのは、温室効果ガス排出量の規制の問題で、これと関連し、来年期限を迎える京都議定書の継続の可能性も討議されるそうです。

その少し前、北極の海氷面積が過去最小になったという報道もありました。7月には、日本列島の2倍もあるグリーンランド島の氷床が、わずか4日間で消滅してしまったと聞いたばかりです。
海表面の上昇は、ずいぶん前から心配されていましたが、その時期がいよいよ差し迫ったと言えそうです。

そのことを考えると、『COP18』で、旧先進国と発展途上国が責任のなすり合いをしたり、今度の選挙でも、まだ「原発続行か否か」といった議論をしていることに、私は違和感を禁じ得ません。
その背後には、ほぼ例外なく「経済成長」は必須、という不文律があるからです。

アジアの「経済成長」を取り込むためにはTPP参加が必要だといい、日本の産業を維持するためには原発による電力供給は欠かせない、とある政党は言います。
それに反対する勢力だって、TPPは破壊をもたらすだけで「経済成長」効果などない。原発に依存しなくても、代替エネルギー開発によって「経済成長」は可能と言う。

「経済成長」はもういらないんだ、という政党は一つもない。
私が知っている限り、テレビでそれを明言した知識人は、養老孟司さんだけです。
政治家、財界人、知識人、みんなこぞって「経済成長」は大大大前提として物事を語ります。

どの政党も、「大胆な改革が必要」と口では言いますが、全然大胆な改革になっていないではありませんか。
どれもみな、近代以降に刷り込まれた古い価値観の延命を図っているに過ぎません。
いま大胆な改革と言ったら、<「経済成長」を目指さない>、が前提に置かれなければならない。
そう私は考えます。

私だけが、おかしいのでしょうか? しかし考えてみてください。

いったい、「経済成長」と「環境保全」は、両立するものなのでしょうか?
世界の動向を見ている限り、とてもそのようには思えません。
「経済成長」したら、本当に雇用が増え、賃金が上昇するのでしょうか?
世界の動向を見ている限り、とてもそのようには思えません。投資家だけが儲かり、格差が増大するだけです。

なぜヨーロッパ経済が沈み込んだのか? なぜアメリカで「We are the 99%」デモが起きたのか? なぜ世界中で貧困世帯や飢餓人口が増加しているのか? なぜアフリカで食料危機が起きているのか? なぜアメリカがイラクやアフガニスタンに攻め入ったのか? なぜ北極グマの生存場所が無くなってしまったのか?
みんなみんな、「経済成長」を目指したからではありませんか。

政治家、財界人、知識人は、こうした現実に鈍感なのか。
それとも、解った上で大衆を騙し、意図してあえて「破壊」の方向に駒を進めようとしているのか?
私には理解できません。
温室効果ガスが心配と言いながら、どうして同じ口で「経済成長」を目指すと言うのか?

そもそも、景気が低迷しているのはどうしてなのでしょう。
それは「需要」がないからです。
生産の効率が上がり、かつ途上国も工業製品を造るようになり、世界中に物が溢れているのに、それを満たす「需要」がないのです。

雇用と賃金に不安定要素があるので、人々は買えないし、買わない。
そこで、例えばエコカー減税といった手段で、無理やり「需要」を創り出しているのが現状なのです。
でも、発想を転換してみてください。
「需要」がないことは、悪いことなのでしょうか?

今あるもので満たされており、それで充分である。余計な物は買う必要がないし、その分お金も倹約できる。ゴミもあまり出ない。うるさい広告に煩わされることもなく、シンプルな生活ができる。生産と廃棄が減少するので、ゴミ問題も解決に向かい、環境破壊も少なくて済む。食べ物もムダにしなくていい。エネルギー消費もそれだけ抑えられる。

「少欲知足」で生きることの、いったいどこがいけないのでしょうか?
そもそも、戦後、池田勇人首相時代になり「消費は美徳」というスローガンが登場するまでは、日本人はみな質素倹約を重んじていたんです。
それがたった50年で、真逆に洗脳されてしまった。

みんなが「少欲知足」で生きれば、経済は確実に縮みます。
収入が減り、税収も減ることでしょう。しかし、過労死しなければならないほどの過酷な労働からは解放されます。
資本主義が必要とする、ムダ、ムラ、ムリに加担することを止めれば、金融と資本家と政治の支配から逃れられる道が開けます。

資本主義に洗脳されきった、政治家や財界や知識人は「そんなバカな話があるか」と、言うかもしれません。
しかし、「少欲知足」でも成り立ち、余った時間をのびのびと過ごせる社会システムを構築していくのが、これからの世界に必要な「大胆な改革」というものではないでしょうか?

日本の森林率は68%で、国土面積の小さい国を除けば、フィンランド、スウェーデンに次ぐ第3位。それなのに、安い輸入木材に頼って、国内の山は荒れ放題。山に関連した雇用は崩壊し、水資源や海を守ることも難しい。日本の至るとこに耕作放棄地があるというのに、食料を輸入に頼り、農業を崩壊させ、なおかつ関税を撤廃しようと企む輩が居る。

「少欲知足」を前提として、ニューディールを考えれば、やれることがたくさんあるのに‥‥。
そしてそれこそが、世界に範を示す日本人の役割なのに‥‥。
いったい「経済成長」ってなんのためにあるのでしょうか? 誰のためにあるのでしょうか?
もうこんな洗脳から、脱却しなければいけないと思いますね。
投票所入場整理券が送られて来ました。衆議院選挙の入場券かと思ったら、東京都知事選挙でした。「そういえば、石原さん辞めたんだ」と気づきました。
衆議院選挙の入場整理券は公示日の12月4日以降の送付になると書かれてありました。

息子に「どうなんだろう。あなたと同じ年代くらいの人は、今度の衆議院選挙のことを、どんなふうに捉えているのかな?」と聞いてみると、
「政治はもうどうしようもないって感じだね。衆議院選挙より、たぶんAKB総選挙の方が関心あると思うよ」という答えでした。

東京都知事選挙があることを忘れていた私も、まあ同じようなレベルですから、どうこう言えません。
ただ、小泉政権、与野党逆転の民主党政権というものを経験して、「ムードだけで選んでしまうと、その先大変なことになるぞ」ということはよ~く解りました。それと、マスコミというものがまったく信用ならないということも。

政治の世界の裏で、いったい何が行われているかを、私たちは知りようがありません。ですから、政治家や評論家の人物を見て、「この人の言うことは、どうも本当らしい」と検討をつけ、それで情報を丹念に集めて、自分で判断していくしかありません。
これが、今の時代に必要なメディア・リテラシー(読み書き能力)です。

でもどうなのでしょう? インターネットを使って真実を探ろうとしている人が、まだそれほど多いとは思えません。やはり、腐ったとはいえマスメディアが大きな力を持つのでしょうか?
それとも、金曜デモや、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)などの新しい動きが、影響力を持つのでしょうか?

そうしたことも含めて、今度の選挙はこれまでにない大きな意味を持つことになるでしょう。
これで、選挙後にまた「ガッカリ」となったら、その時こそ、日本が解体される運命に突き進むことになってしまうと思います。
小泉政権、民主党政権、そしてその次の政権。これが、ホップ、ステップ、ジャンプの完成になってしまわないことを祈るばかりです。

プロフィール

imanari munekazu

Author:imanari munekazu
このコーナーでは、時事の話題に触れながら、意見、雑感等を不定期に発信してまいります。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。