LOTUS STUDIO BLOG
これから何が起こるか。我々は何をすればよいのか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よく言われることだけど、日本人は中高合わせて6年間、大学も入れたら10年間も英語を学んでいて、なぜ話せないのか?
外国人からしたら「Why?」でしょうね。
フィリピンの語学学校に来て、3ヶ月居たら、日常会話程度は話せるようになる、との実感を持った。(まだ、ほど遠いですが)
そこで、この問題を考えてみた。日本の英語教育の何がいけないんでしょう?


第一に、「English」を「日本語」で教えているというのが最悪。
こっちにきて解ったのは、「時制」「冠詞」「単数/複数」を徹底して矯正されるということ。
英語って、結局これが難しいんですね。
それと語順。日本語とは語順が違う。これを感覚的につかめばある程度はいけるし、あとはヴォキャブラリを増やしていけばいいんですよね。


ところが日本では、たとえばグラマーの「S+V+O」を、「主語+動詞+目的語」と訳して理解させちゃう。
その結果、なんでも「訳して」理解するという習慣が身についてしまうんだよね。
これに受験英語が拍車をかける。それで話せなくなってしまうんだと思う。
でも、「S+V+O」をそのまま、「Subject」「Verb」「Object」と覚えれば、「訳す」必要がなくなる。
だから、簡単だし、英語感覚のリズムが解るようになる。この何でもないようなことが、すごく重要なことだったんだと気がついた。


考えてみれば、普通の日本人なら既にけっこう語彙は知っているし、動詞や形容詞の変化も覚えているし、文法も基本的なことは解っているんだよね。だから重要なのは「英語感覚のリズム」と「度胸」と「Opinion」ということになる。
英語が話せるようになりたいと、ただ漠然と思っていてもだめなんだ
日本語でもそうだけど、「話すこと=Opinion」がない人は、結局、話せないんだ。
面白いネタや、どうしても伝えたいこと、知りたい欲求を強く持っている人は、「English」を道具として使おうという気持ちが強い。だから、「度胸」が据わっているしモチベーションも高い。ということも学びましたね。


そこで僕の考えなんだけど、中学校の入学から前半の半年間、「English」だけを教えたらどうだろうか? もちろん外国人の教師で。そして、2年次は後半の半年間を「English」だけにする。他の教科はなし。
数学や物理、化学、芸術なんて、高度なことを教えても仕方ないよ。そういうのは興味ある人だけの特別クラスにすればいい。
語学(もちろん日本語も)と、大まかな歴史と、社会構造の話と、家政学と、コミュニケーションの訓練をすれば、基礎教育はもうそれで十分なんじゃないかな?
今の教育システムって、「選別」するための仕組み(つまり、ついて来られない者を脱落させる方法)になっていて、「育成」する仕組みにはなってない。もうそんなやり方やめないと、日本は世界の孤児になっちゃうよ。


あと、日本語英語、あれも一斉にやめて、カタカナ表記を変えてしまえばいい。「コーヒー」は「カフィ」、「ビールス」は「ヴァリアス」、「アレルギー」は「アルジク」、「ビュッフェ」は「バフェイ」、「マクドナルド」は「マクダナルス」とかに。そうすれば、それだけで今よりもっと通じるようになる。
こういう表記は、最初にカタカナ表記をした人が間違っていて、それが定着したものなんでしょうけど、外国語をわざわざ発音を違えて覚えこむというメリットはどこにもないと思うんだ。
法律つくって、一斉に変えてしまえばいいと、僕は思うな。
スポンサーサイト
5月29日からフィリピンのセブ島に来ています。4週間の予定で、英語学校に入学しました。
ちょうど2週目が終わったところです。
インターネット環境が悪くて、日本語を打てるマシンが学校にあまりなく、他の人が使っていたりするとアウト。
自分が持っていったラップトップはどうしてもつながらない。


いまフィリピンには韓国資本の英語学校が5~6校あって、セブにあるここ○○もその一つです。
セブ自体はリゾートアイランドなのですが、そのイメージで来ると大間違い。騙されたぁ~。
どうひどいかを書くと、学校関係者に悪いので書かないことにします。


学生の8割は韓国人、1割5分が日本人といったところでしょうか?
韓国人の99%はヤング。
英語をものにして就職に活かそうという人が多いようです。およそ半数の人が2ヶ月くらいをフィリピンで過ごし、その後、オーストラリアに渡ってワーキングビザで1~2年くらい過ごすというパターンのようです。
これが、韓国人ヤングの一つのモデルになっているんですね。
フィリピンのテレビを見ますと、韓国系企業のコマーシャルも多く、スーパーマーケットに行けば、ハングル文字の食品がいっぱいあります。だいぶ経済進出が進んでいるんでしょうね。


日本人の半分はヤング女性、半分はおじさん、おばさんです。リタイア組も多い。
若い男の子は数えるほどしかいません。
韓国人と、日本人の客層がぜんぜん違うんです。
日本人のヤングは、一つにはニュージーランドやオーストラリア、アメリカ、カナダなどに留学するということもあるのでしょうが、何か、韓国人とは意識が根本的に違う感じがします。
韓国の方が、より国際化が進んでいる。


日本は「島国」根性丸出しで、それはやっぱり日本のテレビメディアの影響がすっごく大きいと思うんです。
ニュースは、国内の話題がほとんどで、たまに韓国、北朝鮮、中国の話題が出るくらい。
しかも国内のニュースは、大本営発表を垂れ流すだけ。
記者クラブ制度なかで発信している記者なんてジャーナリストじゃないですよね。
前々から日本のテレビのインタビュアーが「今のお気持ちをひとことで」なんて言うのを聞いて、バカなこと言ってるなぁって思っていたんですけど、外に出ると、その異常さがよく解りますね。
しかしここフィリピンでは、ニュースは地元TVもあるが、CNNが主流です。


韓国だけでなく、中国も国際化はすさまじく、中東、アフリカにどんどん出て言っている。
これらの国々の子弟を、中国に留学させているんです。
(今後も人類が生きていければの話ですが)これから200年間、中国が超大国として君臨していくことは間違いありません。なにしろ人口が違いますもの。
日本には、なんにも戦略を感じないんですよね。
何か、過去の栄光でやっと延命しているって感じがする。
これからますます沈んでいくんでしょう。

プロフィール

imanari munekazu

Author:imanari munekazu
このコーナーでは、時事の話題に触れながら、意見、雑感等を不定期に発信してまいります。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。