LOTUS STUDIO BLOG
これから何が起こるか。我々は何をすればよいのか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大震災から四十九日が経過した。震災で犠牲になられた方々に対して、また復興を願い、祈りを捧げた人も多かったのではないだろうか? 私の周囲にも、毎朝神社へ行って祈りを捧げている人が、少なからずおられる。(自分には真似できないが‥‥)

なんとなく、いろいろな事に慣れてしまった(余震慣れ、節電慣れ、放射線慣れ)けれど、原発事故が収束に向かったわけでも、避難民が家に帰れたわけでもないんだよね。
状況は、まったく好転していないのに、人間は慣れて行くものなんだよね。
これは、いい面もあるけど、いろんな誤摩化しも許容してしまうから、注意しなくちゃいけないと思う。

民放テレビも喰っていかなくちゃならないからさ、気持ちは解るけど、いきなり「バカ笑い」と「グルメレポート」に回帰というのは、人間的成長がなさ過ぎじゃないかな? 時代の気分は、もうそこにはないでしょう?

50日以上が経過して、ようやく週刊誌が原発事故直後の政府と東電の対応を検証し始めたね。
僕は『週刊新潮』『週刊文春』『週刊ポスト』を買って読んだよ。
これらの記事を読むと、けっこう早い段階で、冷却用の電源が失われたことは、東電も政府も解っていたんだね。
結局、大前研一さんが言っていた通りだったんだ。
「東電は明らかに嘘をついているが、政府はその嘘を鵜呑みにした」
ということ。

で、初動に失敗して、こんな大惨事を招いたってことです。
政府も東電も、この先、このミスを隠し通そうってするでしょうけど、それはもう無理でしょう。
時代は変わったんだ。今はインターネットメディアがあるからね。

僕は今回の事故と、それに対する政府の対応、およびメディアの発表を見ていて、きっと戦時中の「大本営発表」というものも、同じようなものだったんだろうなぁと思ったんだ。

1.悪い事の過小評価
2.その場限りの取り繕い作戦と、肝心な情報の隠蔽
3.マスコミの、政府発表情報の垂れ流し

ね、まったく同じでしょ。
ってことは全然、教訓にしていないってことだよね。
戦後60年も経つのに、同じなんだ。メンタリ恥ーも、行動原理も。

週刊誌が、ここにきて暴露記事を掲載し始めたのは、要するに「テレビ・新聞」系列ではないからだよ。
上杉隆さんというジャーナリストが、これまでずっと「記者クラブ制度」を批判して来られたんだけど、今回の事故報道は、この「記者クラブ制度」の悪弊がもっとも如実に顕われた結果だと思うんだ。
このこと自体はヒドいことなんだけど、国も、政治家も、官僚も、大企業も、大企業の役員も、マスコミも、なーんにも信用できない、ってことに多くの人が気づいたのは、ちょっとだけ前進かも、って思うんだ。

トレンチの水位が8センチ上がったとか下がったとか、障害物に引っかかってロボットがそれ以上進めなかったとか、そこにどんな重要な意味があるって言うんだ。
こういう報道は、「ランナー満塁、ピッチャーが外角にシンカーを投げました」とかというのと、同じ感覚でやっているんだよな。
そんなのどうでもいいって思わない?
そうやって実況中継している陰で、「野球見物に来ている皆さん、実は帰りの電車はもうありません」って、いちばん肝心な事は伝えないんだぜ。
要するに、そういうどうでもいい話に目を向けさせて、肝心な話題からは視線を逸らせようっていう、姑息な作戦なんだよ。

こんなことがいつまで通用するかってんでぇ。
そんなものに引っかかりませんよーだ。
情報小出し作戦で騙しながら、徐々に「慣らしていく」というのが、彼らの策略。
「戦後」の責任回避まで、大本営を真似させないためにはどうしたらいい?

やっぱりインターネット上に、現代版「さらし首」サイトが必要だと思うんだ。
誹謗中傷する必要はない。その人が行った事実、言ったこと、を時系列に掲載するだけでいいんだ。
判断は、見た人がすればいい。
どなたか作ってくれないかな?
スポンサーサイト
しばらく田舎(新潟県)に帰っていた。そこで、いくつかの情報を手にした。


・福島原発の爆発直後、とりあえずということで、車で峠を越え、新潟県に逃げ込んだ人たちがかなり居たこと。
・福島原発で働いていた人で、地震の後、柏崎原発に移動命令を受けた人がいたこと。しばらくたって、福島原発の事故処理のために、日当4万円で戻るように要請を受けたこと。(その人は、断わったそうだ)
・妙高にあるベンチャー企業が、農薬散布用のリモコンヘリコプターに高性能カメラを積んだ装置を開発しており、今度の原発事故ではそれがモニタリングに使われたこと。この写真は非常に解像度が高く、爆発した建屋の内部の状況がつかめたので、わりと早い段階から事故の深刻さが分析されていたこと。


これらのことを総合すると、政府は、情報を当初から意図的に隠していたことは間違いない。
解らないのは、その理由なのだ。
しかし、菅政権には前科がある。例の中国漁船衝突事故問題だ。この時も、今回とまったく同じように情報を隠蔽し、海上保安庁職員のリークによって、我々は初めてその際の映像を観ることになったのだ。
しかしその菅に(間違えた、間に)、何があったかは公式には今もって明らかにされていない。結局ウヤムヤである。(一説によると、事故情報を明らかにしないようにと、中国政府から要請を受けていたというのだが)


3月13日のブログで、「浮気がバレたときのように、小出しにしていく」と書いたが、まさにそのような対応を繰り返している。
そして、4月13日には、福島原発事故の国際原子力事象評価(INES)が、とうとう最悪の「レベル7」にまで引き上げられた。
その対応は、まさに「浮気がバレたときのように」なのだが、しかし「事」は浮気ではない。
他ならぬ「原発事故」である。
にもかかわらず、同じメンタリティで行動しているということが、小生には全く理解できない。


先に「意図的に」と書いたが、もっとヒドいのは、「意図など、そもそもなかった」可能性が高いのだ。
決して「意図的に」隠蔽したのではなく、なんとなく、習慣で、隠蔽しちゃった、というのが真相ではなかろうか。
これは、戦時中の「大本営」と、たぶん同じである。誰かが命令を下していた筈なのに、結局は、責任のなすり合いになり、あとで「自分は周りに従っていただけ」と言うのだ。
これがエリートのメンタリティというものなのであろうか? それとも、日本人の特質なのであろうか?
阪神淡路大震災の時のトンちゃん(村山内閣)の時も、お粗末だったのだが、その経験があっても、なんにも活かされていないのだろうか?
今回の大震災と原発事故に関する海外メディアの評価は、「民衆はクレバーで冷静で尊敬に値するが、一方の政府や電力会社にはリーダーシップがない」というのが、大方の評価である。


さて、INES基準の「レベル7」への引き上げ、ということに話を戻すと、
こんなことは、大前研一氏の bb.bbt757.com では、ずっと前から言っていたのだ。


福島の放射線量


そして、3月15日、16日の放射線量の急上昇からみて、圧力容器が既に破損している可能性についても。
検出された放射線の種類によって、どこから漏れて来たものであるか(使用済み核燃料の貯蔵プールからではなく、原子炉本体からであること)は、特定出来るそうだ。
だとすれば、3月16日、17日くらいの段階で、既に事故の深刻さを充分把握できていた筈なのだ。
4月14日の談話で、枝野官房長官は「3月に京ベクレルの放射線量が放出された可能性があると認識していたが、それは推測のレベルだったので公表はしなかった。しかし4月11日になってそれが確からしいということが判ったので公表した」と言う。
仮りにその通りだとして、でも、おかしくないかえ?


国の役目は、国民の生命・財産を守ることだ。
「数値」うんぬん、ということよりも、それが「推測」できた段階で、いったい何をしたか、が問われなければならない。
しかし、マスコミの追求は、あいかわらず甘い。
政府と一緒になって、論点をずらし、国民を目くらましの中に置いている。
枝野さんは「3月に京単位のベクレル数の放射線量の放出が予測がされた時点から、確実性の高い数値ではなくとも、可能性があるということを踏まえて対応してきたので、対応が遅れたということはないと思っている」と述べたのだが、本当にそうなのか?


僕は、肝心なことを言っていないと思う。
それは、原発付近の避難住民は、もう家に戻ることはできないということだ。
これまで「しばらく」の避難所生活を強いる、という言い方がされてきたのだが、「しばらく」とは具体的にいったいどれくらいの期間なのかは、いっこうに示されていない。


きっと避難民の方々は、「いつか戻れる、早く戻りたい」と考えておられることだろう。しかし、もう一生戻れないのだ。
福島原発は廃炉にされることは決まっているが、どう廃炉にしていくかは、まだ決まっていない。
しかし、今の「冷却」問題が収束に向かったとしても、それから廃炉にするまでには10年は掛かる。
(クレーンが破壊されているので、高い放射線が出ている環境下でクレーンを再設置するのが非常に難しい。しかしクレーンが設置されない限り、なんにも作業が行えない)
そして廃炉にした後も、高濃度の放射線や汚染水は現場から出続けるのだ。
おそらく、チェルノブイリと同じ「石棺」を被せられることになるだろうが、周辺は居住禁止区域となってしまうだろう。


チェルノブイリで事故が起きたのは1986年。今から26年前だが、今も原発から半径30km以内の地域は居住禁止であり、原発から北東へ向かって約350kmの範囲内にはホットスポットと呼ばれる局地的な高濃度汚染地域が約100箇所にわたって点在し、ホットスポット内においては農業や畜産業は全面的に禁止されている。


いったいいつの時点で、これを言うかであるが、これは政府にとっての「時限爆弾」であろう。


長期的視野からの発言は一切せず、その場しのぎの発表を繰り返す、政府と東電。
しかしマスコミも、「その場しのぎ」が性(さが)であるから、両者の思惑は、残念なことに一致しているのだ。
こうした目くらましに、国民が犠牲になっているのである。


1)そもそも、廃棄物の処理施設がない、処理方法も確定していないのに、とりあえず原発稼働をし続けていたこと。
2)圧力容器の堅牢神話、原子炉の5重の安全性神話に、みな洗脳されていたこと。
3)冷却系がすべて破壊されるという事態は想定もしていなかったし、その場合の訓練もされていなかったこと。
4)政府も、電力会社も、実は原発に関しては、素人知識しかなかったこと。
(原子力安全保安院の西山審議官は元特許庁。東電は単なる運営会社、運転会社)
5)そもそも原発は「発電コストが安い」「環境に対してクリーン」と言ってきたが、どちらも疑わしいこと。
(発電コストが安いと言っても、廃棄物処理コストは計上されていないし、今回のような事故が起こった場合は、その損害賠償費や復旧処理のためのコストは莫大になる。また、ひとたび事故が起これば、クリーンでないことは明白)


こうした、「そもそも論」は、なーんにも語られてはいないのである。
これが政治というものなのであろうか? それとも、日本人の特質なのであろうか?
ネットサーフィンしていて、福島原発に関する大前研一氏の発言ビデオを見つけ、大いに感銘を受けた。
(大前氏は、以前、日立の原子力プラント設計者だった)
これで、謎の多かった事故の背景がほとんど解り、かなりスッキリした。
(下段に、動画を貼付けてあります)


●なぜ初動に失敗したのか?
<直接的な要因>
・地震直後の現場は、すぐに照明が落ち、そのような事態は想定していなかったので、作業員にパニックが起こっていた。
・運転が自動停止したので、当然、冷却系もそれにしたがって自動的に働き収束に向かうだろうと作業員は思い込んでいた。
・作業員には地元の人が多く、家や家族も心配だったので、その日は帰らされ、現場には70人ほどしか残らなかった。
・しかし、ディーゼル発電が機能しなかった。
・しばらくたって、このままでは炉心冷却がうまくいかなくなるだろうということは、現場の一部の人間は解っていた。
・そのため、電源車を現場に向かわせたが、福島原発の設計はアメリカのGE社であったため、400Vと6000V対応となっており、持って行った電源車がまったく役に立たなかった。
・この段階で、お手上げ状態になってしまった。


<間接的な要因>
・設計段階で、今回のような地震+津波という災害が想定されていなかった。(水を被ったらそれでおしまいという設計が、至るところにあった)
・そのため、まさかの時の安全装置までもが被害を受け、発電所全体が機能不全に陥った。
・また、当然ながら、災害訓練も行われていなかった。→よって現場がすぐにパニックに。


<背景的な根深い問題>
東京電力は、単に運営会社であって、原発の設計者ではないために、原発の本当に深いところまでは知らなかった。
・現場従事者の多くは下請け労働者であり、東電には、下請け会社や納入会社をさげすむカルチャーがあった。
・東電社内においても、問題ばかり起こしている原発の担当者はパージにあい、原発に詳しい人が社内に居なくなっていた。(現社長の清水正孝氏は、2002年の原発事故隠発覚に際して社長経験者3人が引責辞任したときに、資材部から来た)
・東電の隠蔽体質(事故を事象と言い換えるなどはその典型)。コスト優先主義。トップの無能。


ざっと、以上のようなことが解った。


●まだまだ不明な点
しかしまだ解らないのは、東電本社の対応と、政府の対応、それにメディアの発表である。
大前氏は、「東電は明らかに嘘をついている」という。そして政府は、その東電の言い分を「鵜呑みにしている」と言う。
おそらくは、そうなのであろう。そんなものなのであろう。


清水正孝氏は体調不良ということで入院し(これも、絵に描いたようなアクションで、呆れてしまったのだが)、代わって指揮をとった勝俣恒久会長は、30日の記者会で、事故の最初の段階で「海水注入をためらったことはない」と断言した。
しかしこれは、たぶん嘘であろう。
海水を注入すれば廃炉になってしまうのだが、それがいやでためらったというより、そんな情報や危機意識そのものがなかったのではないか、と僕は見ている。
(そういう意味では、つまり<何にも考えてはいなかった>という意味においては、「海水注入をためらったことはない」というのは、あながち嘘ではないことになるのだが‥‥。すみません、ややこしくて)


一方政府は、(枝野さんは、一生懸命、誠実にやっていると思うが)やっぱり、事態の深刻さを予測できなかったのだと思う。
そして「東電さん、ちゃんと始末つけてくださいよ」と言っていただけなのだと思う。
それが、情報の「小出し」という態度に表れている。
これも驚くことなのだが、大前氏の話だと、政府内にも原発のことを解っている人間はいない、というのだ。
いま、原子力保安員としてマスコミに登場し、説明している人は、前は特許庁に居た人だというのだ。特許庁からの天下りだというのである。
まったくひどい話だ。


●マスコミの動きに関して
大前氏の、この講座を見て、改めて「もうマスコミの時代ではないな」という思いを強くした。
マスコミ報道では全然解らないことが、インターネットでは解るのだ。
若い世代は、もうテレビを見る習慣もないし、最初からテレビ報道になど価値を置いていない。(僕の息子も)


テレビを見て「え?」と思った、発電所全体に布のカバーをかけるという話。
これは、大前氏の発案であったことを、インターネットのこの映像を見て知った。
テレビでは、唐突に「放射性物質を含む粒子の飛散を防ぐために布のカバーをかけることも検討されています」というから、なにか凄く荒唐無稽な、ノーテンキな話のようにしか聞こえなかったのだが、この大前氏の発言を聞いていると、非常によく解るのである。


ところで、いつもは、人格破壊に至るまでターゲットを責め続けるテレビが、こと東電に対してはユルユルなのはおかしいとは思いませんか?
社長は13日に1回記者会見を開いたきりで、後は出て来ない。30日になってやっと、バトンタッチしたご高齢の会長が出て来ただけ。
こんなネタがあっても、マスコミは責めない。ユルユルである。
それはたぶん、東電がビッグスポンサーであるから。東電トップとマスコミトップにお友達関係や馴れ合いがあるから、だと見ます。
そして、北京旅行の一件。
事故当日は、会長も社長もマスコミを連れて、北京に旅行に行っていたことがバレている。この費用を、東電が持ったというのだ。それじゃあ、追求がユルいのも当然だ。


●これからどうすべきか
その他、どうしてこうなったのかということと、これからどうすべきか、が長期的かつ全体的な視野で語られている。
小生は、ここで、大前氏が提案されている様々な事柄に、基本的に賛成である。
大前氏も「復興」ではダメだと言っている。
そして、どうすべきかということについても、すでに民主党に言ってある、と言う。


とにかく、全体のことがよく解るので、見ていただきたい。(ちょっと時間長いけど)






●30日の東電勝俣会長の「安定」発言に対する「原子力安全委員会」の反論
↓これ、「原子力安全委員会」の代谷誠治氏は、ムッとしていますよね。
勝俣会長が「安定」と言ったのは、故意にねじまげているというよりも、本当に、事態の深刻さというものを解っていないんじゃないかな。そういう知見を持ち合わせていないんじゃなかろうか。清水社長が入院したので、急に担ぎ出されたって感じがする。(この先、名誉職で老後は安泰だったのに、なんでだよ。迷惑な話だ!)って感じがするのね。
東電トップも、日本政府のトップも世界の笑い者になっているというのに。全然解ってないんだな。



ところで「原子力安全委員会」と「原子力安全・保安院」と、なんで2つあるわけ?
「原子力安全委員会」が文部科学省で、「原子力安全保安院」が通産省ってことなのかな?
結局、天下り先の確保に過ぎず、今回の事故は、本来の役目が全く機能しなかったということじゃないか。
ひどいね。

プロフィール

imanari munekazu

Author:imanari munekazu
このコーナーでは、時事の話題に触れながら、意見、雑感等を不定期に発信してまいります。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。